高嶋ちさ子、仕事セーブ宣言のなか頼み込まれた“冠番組”が低視聴率で「ブチギレ寸前」

「歯に衣着せぬ発言で、お茶の間から高い支持を受けている #高嶋ちさ子 さんが出演する番組は、軒並み高視聴率を獲得するんです。テレビ各局はこぞって“うちにも出てほしい!”と、オファーをかけるほどなのですが、唯一、数字がふるわない番組があって……」(制作会社関係者)

 高嶋といえば、肩書はバイオリニストになるものの、現在は“新・視聴率女王”の呼び声も高く、テレビ番組に引っ張りだこだ。

「’18年からスタートしたテレビ朝日系のトークバラエティー番組『ザワつく! 一茂良純ちさ子の会』の視聴率は10%超えが当たり前。スペシャル回になると15%を超えることもあります。ほかの番組でも“高嶋さんが出演した回は視聴率が上がる”と有名で、キャスティングの会議では名前があがる筆頭なんですよ」(民放キー局関係者)

 破局した女性タレントに対して“男で失敗する女の法則”を説いたり、“妻から見た夫の存在”について共演男性に力説したりと、スカッとしたコメントで、女性の共感を得ているようだ。

■ブログで仕事セーブ宣言したにも関わらず……

「しかし、昨年3月に“息子のために仕事をセーブする”とブログで宣言したのです。本業のバイオリニスト活動と、テレビ番組の出演で多忙になった高嶋さんが、子どもとの時間を大切にしたいというのが理由でした」(スポーツ紙記者)

 そんな多忙の合間を縫って出演する、とある彼女の冠番組が、苦境に立たされているそうで……。

「昨年4月から、月に1、2回のペースでレギュラー放送されている、TBS系のバラエティー『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』の視聴率が“低空飛行”を続けているんです。昨年10月以降の視聴率は5〜6%、12月17日放送の2時間スぺシャルでは5%を切ってしまい、打ち切りの“危険水域”に入っています」(前出・制作会社関係者、以下同)

 レギュラー番組にもかかわらず、毎週放送されないことも視聴率がふるわない原因なのかもしれない。

「毎週月曜日の夜8時からの1時間が本来の放送枠なのに、隔週になったり、2時間の特番になることがほとんどで、視聴者が定着していない印象です。現場でも“視聴率がよくないんだな”というのは感じますね。残念ながら、長くは続かない気がしますが、今のところ打ち切りの話は聞いていません」

 それもそのはず、番組側も高嶋へ熱烈オファーを出した手前、簡単に打ち切ることはできないのだという。

「仕事をセーブすると宣言した高嶋さんに対し、番組側は“どうしても出てほしい”と頼み込んでMCを引き受けてもらった経緯があるのです。番組としてもテコ入れを図ろうとしていますが、なかなかうまくいかない。ひと肌脱いだ形で出演を決めた高嶋さんとしては、視聴率や評判の悪い企画内容に納得できず、不満爆発の寸前だそうですよ」

 そんな高嶋のために、スタッフ総出で“イロイロと会議”してほしい!

#視聴率 #高嶋ちさ子 #セーブ #冠番組 #お茶

高嶋ちさ子、仕事セーブ宣言のなか頼み込まれた“冠番組”が低視聴率で「ブチギレ寸前」