「麒麟が来る」が来た!初回の総合視聴率25・3%

NHKは28日、俳優 #長谷川博己 主演のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜午後8時)の初回放送(19日)のタイムシフト視聴率と総合視聴率を発表した。
タイムシフトは7・0%で、リアルタイムの視聴率は19・1%。総合視聴率は25・3%と高い関心が寄せられた。
19年の「 #いだてん 」第1回の総合視聴率は20・3%。18年「西郷どん」の初回総合視聴率は21・9%、17年「おんな城主 直虎」の初回総合視聴率は22・1%で、今年の「麒麟が来る」は過去3年の作品を上回る数字となった。
総合視聴率は、19日の初回放送(午後8時〜同9時14分までの74分間)のリアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率(7日以内168時間の視聴実態を示すもの)のいずれかの視聴を示すもの。
「麒麟が来る」の平均視聴率は、26日放送の第2回も好調で、関東地区の平均視聴率が17・9%(関西地区17・4%)だった(ビデオリサーチの調べ)。
「麒麟がくる」は、明智光秀を主人公に、人気の戦国時代を描き、言葉も現代の標準語に近く、分かりやすくなっている。今後も評価が高まり、視聴率の上昇が期待される。

#視聴率 #麒麟 #NHK #長谷川博己 #主演 #麒麟がくる #ドローン #臨場 #視聴率 #長谷川博己 #視聴率 #新型肺炎 #春節 #年越し #日本語 #視聴率 #ドラマ #桐谷健太 #東出昌大 #主演 #視聴率 #高嶋ちさ子 #セーブ #冠番組 #お茶 #視聴率 #戸田恵梨香 #スカーレット #NHK #連続テレビ小説

「麒麟が来る」が来た!初回の総合視聴率25・3%