海老蔵 團十郎白猿襲名の詳細発表「出来ることを精一杯」 6、7月は新之助襲名の勸玄くんと親子共演

 歌舞伎俳優の #市川海老蔵 (42)改め十三代目 #市川團十郎 白猿の襲名披露の概要が7日、都内で発表された。

 五代目團十郎が鰕蔵に晩年改名した折に俳号として用いたのが「白猿」で、團十郎の名跡復活は7年ぶり。襲名披露狂言は5、6、7月に東京・東銀座の歌舞伎座で行われる。初日5月3日の昼の部は「勧進帳」で幕を開け、夜の部の襲名披露口上と「助六由縁江戸桜」へと続く。

 6月は昼の部が口上と「暫」、夜の部は「外郎売」と「勧進帳」。7月は第一部が「押戻し」と「男伊達花よしわら」、第二部が「山姥」と「景清」、第三部が「助六由縁江戸桜」。新團十郎にとって三部制は初めての試みになる。

 6、7月は長男・勸玄くん(6)にとって、5月の八代目市川新之助襲名後の初舞台となる。6月の「外郎売」と7月の「山姥」で新團十郎白猿と親子共演する。

 昨年は #海老蔵 らに付き添われて舞台に立った勸玄くんについて、海老蔵は「新之助の演目としてもらいたいと(の思いを込めて)一人でやってもらう。今年は東京オリンピックもあり、レガシーという意味もあって外郎売は、せがれに渡す」と期待を込めた。

 新之助襲名は1カ月ずらして短くしたことについて、「(せがれの)学校、年齢、体力的な問題などから。ハードルは相当高い。お客様も見守っていただけたらという、ところもコンセプト」と説明。

 勸玄くんもあどけない表情で「結構難しそうだなと思います」と話した。父親からみて右隣は、海老蔵襲名の会見時に先代の父親が座った席。そこに息子が座って会見していることについて、海老蔵は「父のようなユニークさという点では、せがれも」と祖父譲りの性格を紹介した。

 海老蔵は、17年6月に亡くなったフリーアナウンサーの妻・ #小林麻央 さん(享年34)について、「支えてくれるはずだった真央もいない。一人で頑張ってもどうにもならないところがあるなと痛感している。そんな中で大きな名跡を継承することに、いろんなことを感じている。うかれている感じは一つも無い。自分の出来ることを精一杯やっていくのがすべてかな」と本音も明かした。

#襲名 #海老蔵 #親子 #共演 #歌舞伎 #襲名 #ロンブー #ロンブー淳 #ロンドンブーツ #田村淳 #ヒゲ #入団会見 #襲名 #救援 #セーブ #ロンドンブーツ #襲名 #田村淳 #YouTube #不祥事 #林家正蔵 #息子 #落語 #落語家 #襲名 #市川染五郎 #松たか子 #2018年 #襲名 #松本金太郎

海老蔵 團十郎白猿襲名の詳細発表「出来ることを精一杯」 6、7月は新之助襲名の勸玄くんと親子共演