勸玄くん、襲名後初の舞台に「頑張ります!」 父・海老蔵は成長に感慨

 5月に十三代目 #市川團十郎 白猿を襲名する歌舞伎俳優の #市川海老蔵 (42)と、長男の勸玄くん(6)が7日、5月〜7月にかけて東京・歌舞伎座で行われる襲名披露興行の発表会に出席。襲名後初となる5月大歌舞伎では、歌舞伎十八番の『勧進帳』と『助六由縁江戸桜』が上演される。また、勸玄くんは八代目市川新之助を襲名し、6月大歌舞伎の『外郎売』で初舞台に臨む。

 会見で #海老蔵 は勸玄くんが初舞台に挑戦する意義について、「今年はオリンピックもある。レガシーということで、名跡もそうだが、伝統文化をレガシーとして残していくという意味で、せがれに外郎売を1人でやってもらう」と説明。6、7月の出演となったことは「学校、年齢、体力的な問題。2ヶ月でも大変なこと。それを3ヶ月やるのは果たしてどうなのかということもある。1ヶ月でもよかったが、本人のやる気と会社の勧めもあった。それで2ヶ月奮闘するそうでございます」と語り、勸玄くん自ら志願していたと明かした。

 やはり1人で演じるのはかなりハードルが高いそうで、「今までは早口言葉とか、それに付随したせりふしかやってませんが、そこにいくまでの過程も難しい。歌で言うと、サビの部分を歌うが、その前は細かい作業も必要だったりする。そういう作業も今回から彼には勉強してもらいたい」と語った。また「お客様にも彼の成長を見守っていただきたい」と呼び掛けた。

 一方で、勸玄くんにも変化が生まれてきているそうで、「役者になってきましたね。赤ん坊みたいなところも未だにあるが、『役者として俺はやってやるんだ』というような雰囲気がある」と語り、我が子の成長を噛み締めた。それを聞いた勸玄くんは笑顔でとぼけたが、公演については「楽しみ。頑張ります!」と満面の笑み。今回は海老蔵が付き添わないが「さみしくない。(いなくても)大丈夫!」と独り立ちに自身を見せた。

 5月大歌舞伎は3日〜27日(15日は休演)で『勧進帳』『助六由縁江戸桜』、6月大歌舞伎は1日〜25日(12日は休演)で『暫』『外郎売』『勧進帳』、7月大歌舞伎は1日〜20日で『押戻し』『男伊達花廓』『山姥』『景清』『助六由縁江戸桜』が上演される。

 江戸時代から続く市川團十郎の名跡は、歴代がその名を受け継ぎ、常に江戸歌舞伎の中心として歌舞伎の歴史を築いてきた。第十二代市川團十郎は海老蔵の父だったが13年に肺炎のため、死去。五輪も開催され、世界から日本、そして東京が注目される2020年に團十郎の名跡が7年ぶりに復活する。白猿は五代目團十郎が「祖父や父にはおよばない」と用いた俳名。

 勸玄くんは海老蔵と #小林麻央 さんの長男。15年11月に2歳8ヶ月で歌舞伎座『吉例顔見世大歌舞伎』で初お目見えを飾った。昨年1月には新橋演舞場で行われている『初春歌舞伎公演』で長女の麗禾ちゃん(8)と海老蔵を含め親子3人で共演をしている。

#襲名 #舞台 #海老蔵 #歌舞伎 #市川團十郎 #襲名 #ロンブー #ロンブー淳 #ロンドンブーツ #田村淳 #ヒゲ #入団会見 #襲名 #救援 #セーブ #ロンドンブーツ #襲名 #田村淳 #YouTube #不祥事 #林家正蔵 #息子 #落語 #落語家 #襲名 #市川染五郎 #松たか子 #2018年 #襲名 #松本金太郎

勸玄くん、襲名後初の舞台に「頑張ります!」 父・海老蔵は成長に感慨