1人暮らしの喜美子/スカーレット第19週あらすじ

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月〜土曜、午前8時)の第19週(2月10〜15日)のあらすじを紹介します。
昭和54年春。喜美子( #戸田恵梨香 )は京都の美大で陶芸を学ぶ武志( #伊藤健太郎 )を送り出す。しばらくしてマツ( #富田靖子 )が亡くなり、喜美子は1人暮らしに。
武志が大学卒業を控えたころ、八郎(松下洸平)が名古屋から喜美子を訪ねてくる。会うのは10年以上ぶり。八郎は変わらず武志の父親であることを認識する喜美子。武志は、大学時代に知り合った、上薬を研究する掛井(尾上寛之)を追って、信楽の窯業研究所の研究生となる。自立のために家を出て、アルバイトで生活するという武志。研究所事務員の真奈( #松田るか )と知り合い、人間関係が広がる。
一方、またも1人となった喜美子のもとに、作品のファンだという女性が現れる。小池アンリ( #烏丸せつこ )という元女優。大津の紡績会社の令嬢で、今は神戸に住んでおり、セレブらしさと天真らんまんな雰囲気がある。ずばずばと聞いてくるアンリに、喜美子は夫と別れ、息子は独り立ちした状況を話すことになり、2人の間には次第に友情めいたものが芽生えていく。そんな折、今は大阪の市議会議員となっているちや子(水野美紀)が訪ねてくる。

#スカーレット #NHK #連続テレビ小説 #昭和 #戸田恵梨香 #スカーレット #不倫 #東出昌大 #スカーレット #戸田恵梨香 #ヒロイン #NHK #連続テレビ小説 #節分 #スカーレット #戸田恵梨香 #大島優子 #林遣都 #スカーレット #再開 #別居 #戸田恵梨香 #ヒロイン #スカーレット #戸田恵梨香 #陶芸家 #NHK #連続テレビ小説

1人暮らしの喜美子/スカーレット第19週あらすじ