全世界の若者を励ますBTSの言葉・・あのミュージックビデオに隠されていた哲学者の言葉とは?

2018年、国連総会(UN)の壇上で #BTS ( #防弾少年団リーダーRMは以下のように語った。

「LOVE MYSELF」、「私自身をまず愛そう」

2年前、「#GenerationUnlimited(無限の可能性を秘めた世代)」の発足で行われたイベントで、BTSのリーダーのRMは世界中の若者に向かって、自分の声を出す勇気、自分を愛する勇気について述べた。最後に「あなたの名前は何ですか?自分自身のことを話してください」と優しく、暖かく問いかけたRMの国連(UN)でのスピーチは未だ世界中の若者の心に響いている。

BTS 国連総会「世界中の若者たちへ」のスピーチ

国際的なイベントでのBTSの演説は2018年の国連総会が最後だが、BTSの哲学は公式のスピーチ以外にも彼らの音楽や、普段のインタビュー、SNSなどでも確認できる。

I NEED U

2016年発売された「Blood Sweat&Tears」のMVの最後のシーンにドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェの言葉が隠されている。MVの最後にRMが鏡を見る場面に注目。RMが凝視する壁上に一つの文章が彫上がっている。「Man muss noch Chaos in sich haben um einen tanzenden stren gebaren zu können」ドイツ語の文章を和訳すると以下のようになる。「輝く星を生むためには、必ずその内面に混沌があるべきである」この言葉はニーチェの代表的な著書「ツァラトゥストラはこうかたった」の一行だ。本曲の歌詞では明確にニーチェを指す言葉はないが、しかし混沌から生まれる星を隠喩的に表現したBTSの曲は、特に海外のARMYの心に大きく響いている。

INTRO : O!RUL8,2?

BTSがデビューして間もない2013年発売されたミニアルバム「O!RUL8,2?」。「O!RUL8,2?」はRMが作曲、プロデュースした曲で、まだ若い頃のRMの悩みがより生々しく伝わる。

歌詞は以下のようになっている。

父は言った「人生を楽しめ」と
父に尋ねてみたい「あなたは人生を楽しんだのか」と
どうして当たり前のものが当たり前じゃなくなって
当たり前じゃないものが当たり前になったのか
どうして僕の人生に僕がいなくて ただ他人の人生を生きるようになったのか

BTS(防弾少年団) 「INTRO : O!RUL8,2?」

国連の壇上に上がったRMは、他人の声に圧倒されやすい若者に暖かく声をかけたが、本曲では他人の声に圧倒され、怒りを抱いているRMの成長期の姿がうかがえる。デビューして間もない頃の曲であまり知られていないが、BTSの初期の姿を理解する上では貴重な曲だと言えるだろう。

BTSは、他にもインタビューやSNSで世界の若者を応援する数多くの名言を残している。

#言葉 #BTS #世界 #若者 #ミュージックビデオ #エスカレート #特徴 #言葉 #卒業 #言葉 #習字 #飯塚市 #担任 #椎名林檎 #語彙 #言葉 #サブカルチャー #政治 #赤ちゃん #言葉 #コミュニケーション #市川染五郎 #杉咲花 #言葉 #山寺宏一 #キャスト

全世界の若者を励ますBTSの言葉・・あのミュージックビデオに隠されていた哲学者の言葉とは?