“兄弟”志尊淳&城田優、スキマスイッチのライブに登場!「全力少年」大熱唱

ディズニー&ピクサー最新作『2分の1の魔法』で日本語版声優を務める #志尊淳#城田優 が、本作で日本語版エンドソング「全力少年」を歌う「 #スキマスイッチ 」のライブ「スキマスイッチ TOUR2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL vol.2」東京公演のアンコールに登場した。

映画では、“兄弟役”を演じている志尊さんと城田さん。ライブ終盤のアンコールでファンが大いに盛り上がる中、「スキマスイッチ」大橋卓弥の「全力少年はディズニー&ピクサーの映画『2分の1の魔法』の日本版エンドソングになっているのですが、本日はなんとイアンとバーリーが会場に来てくれました!」という呼び込みで2人が登場。ファンにとって完全なサプライズ登場となり、会場のボルテージはさらにヒートアップ!

志尊さんが「イアン役を務めました志尊淳です」、城田さんも「バーリー役を演じた城田優です」と挨拶すると、会場からは大歓声が起こり、そして大橋さんが「全力少年をもう一回やる?」と言うと会場全員が立ち上がり、志尊さん、城田さん、「スキマスイッチ」と共に 「全力少年」を会場が一体となって大熱唱。一夜限りの夢のスペシャルコラボが行われた。

歌い終わった志尊さんは「緊張しましたがすごく楽しかったです!最初手足が震えてましたがジャンプしてたら大丈夫でした!(笑)本当に楽しかった!」と興奮気味に感想を述べ、城田さんも「登場してお客さんからブーってならないで良かった。本当に楽しいステージでした!」とコメント。

さらに城田さんが「『全力少年のように弱い自分をぶっ壊して前に一歩踏み出せる力をもらえる映画になっています。日本版エンドソングと共にどうぞよろしくお願いいたします!」と映画のアピールも。

また、大橋さんから「実はちょろっとだけ出ています」と発表され、「スキマスイッチ」の2人が本作の一言声優に参加していることが明らかになった。

映画『2分の1の魔法』は、はるか昔は魔法に満ちていたが、時の流れと科学や技術の進歩と共に魔法は忘れられ“魔法が消えてしまった”世界が舞台。自分に自信がないが、隠れた魔法の才能がある主人公の少年イアンの声を志尊さん、イアンとは真逆で陽気で好奇心旺盛な魔法オタクの兄のバーリーの声を城田さんが担当している。

『2分の1の魔法』は3月13日(金)より全国にて公開。

#スキマスイッチ #志尊淳 #城田優 #日本語 #アンコール #キャンペーン #FLOWER #with #WAVE #スキマスイッチ #WAVE #FLOWER #with #キャンペーン #スキマスイッチ #魔法 #スキマスイッチ #ピクサー #新作 #ディズニー #スキマスイッチ #延期 #2ちゃんねる #書き込み #体調不良 #ガンダム #声優 #古谷徹 #常田真太郎 #スキマスイッチ

“兄弟”志尊淳&城田優、スキマスイッチのライブに登場!「全力少年」大熱唱