美女アナたちの「暗黒歴史」が“艶”すぎる(2)有働由美子の恥ずかしい過去

 長らく身悶えしていたフリーアナの #有働由美子 (50)は、ついに「絶頂」を迎えた。

「18年から出演する『news zero』(日テレ系)は、視聴率低迷が続き、局内では東京五輪までもたないとダメ出しされていました。それが1月27日の放送回で平均視聴率12.6%を記録し、キャスター就任時からの最高を更新。各局11時台のライバルアナが人妻になる中、独身熟女のポジションを守り続けているのも、人気の要因なのかもしれません」(芸能記者)

 そんな有働にもNHK時代には、人に言えない恥ずかしい過去があった。

「00年に、当時、プロ野球選手の #石井琢朗 (49)の自宅に、カツラとサングラスで変装して密会する姿が写真誌に撮られています。有働の著書『ウドウロク』(新潮社)で、『あさイチ』で苦情が届いたワキ汗には触れても、『ヅラ密会』は沈黙。それだけタブーなのでしょう」(織田氏)

 元フジの #加藤綾子 (34)は、夕方の報道番組「Live News it!」(フジ系)のMCを務め、仕事は順風満帆に見えるが、女優業では挫折を味わっている。

「18年に『ブラックペアン』(TBS系)に出演。治験コーディネーター役を演じましたが、視聴者から『お遊戯会レベル』などと批判されたんです。フリー転向で女優業に本格進出する予定でしたが、今は目立った女優活動はありません」(芸能プロ関係者)

 見切りをつける早さもさすが #カトパン

 同じく視聴者をザワつかせたのは、日テレの #市來玲奈 アナ(24)だ。

「乃木坂46を卒業後、タレント活動をしていた15年に『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)に出演。社交ダンス企画に参加して山本匠晃アナ(35)とペアを組んで優勝しました。胸の形がわかるダンス衣装が艶っぽく、人気が出そうだったやさき、市來のほうからペアを解消。日テレに内定したことがわかり、続けられなくなったんです」(芸能プロ関係者)

 TBSで暗黒キャリアを持つ代表格として真っ先に名前が挙がるのは、出水麻衣アナ(35)だろう。

「エース候補として期待されていたのに、2度も『路上キス』を写真誌に撮られた逸材(笑)。それでレギュラー番組も減ったが、二度あることは三度目も期待!」(織田氏)

 生々しい接吻写真に好感度はアップしたか‥‥。

 TBSのベテラン・外山惠理アナ(44)も若手時代にやらかしていた。織田氏が続ける。

「入社2年目に人気番組『チューボーですよ!』のアシスタントに抜擢されたのに、司会の堺正章(73)に全然ハマらず、わずか半年で交代。歴代アシスタントは4、5年は務めているので、本当に嫌だったのかも」

 外山アナの評価は「星0個」だった!?

#有働由美子 #美女 #黒歴史 #視聴率 #newszero #NHK #有働由美子 #不思議 #定年 #キャリア #有働由美子 #日本テレビ #アナウンサー #井ノ原快彦 #アナウンサー #有働由美子 #生放送 #日本テレビ #バラエティ番組 #海堂尊 #newszero #日本テレビ #ニュース番組 #有働由美子 #有働由美子 #東京 #東京五輪 #日テレ #お笑い

美女アナたちの「暗黒歴史」が“艶”すぎる(2)有働由美子の恥ずかしい過去