神田伯山、自身のYouTubeを絶賛 「クソみたいなYouTuberとは違う」

18日深夜放送『火曜JUNK #爆笑問題 カーボーイ』(TBSラジオ)に真打ち昇進を果たした講談師・神田伯山がゲスト出演。毒舌キャラとして知られる彼に対して、爆笑問題・ #太田光#田中裕二 は苦言を呈し続けた。

◼伯山は #伊集院光 ファンだが…

爆笑問題と伯山は『太田伯山』(テレビ朝日系)などで共演、伯山襲名公演にも同席した仲だが、きっかけはお互いのラジオ番組。伯山は30分の自身のラジオ番組を2時間かけて何度も録音し直すなど、ラジオに強いこだわりを持っている。

だからこそ、ラジオスターでもある伊集院光への憧れを口にしてきたものの、実際に対面を果たした伊集院からは「『伊集院さんスゴイ』って組み方されたらこっちに得はない、相手にするだけ損。今後はない」と伯山のイジり方を敬遠され、拒否されてきた。

この日は、『月曜JUNK』を担当する伊集院とも親交の深い爆笑問題に「伊集院さんとの仲をとりもってください」と嘆願。

太田は「お前が悪口言わなきゃいいじゃない」と助言したが、伯山は「それは止まらない。俺と太田さん、病気みたいなところがあるから」と笑う。

◼伯山ティービー

話題は伯山が「講談を広めるため」に新たな試みとしてはじめた、寄席や襲名興行に密着し講談界の裏側を紹介するYouTubeチャンネル『伯山ティービー』に移る。太田はアップされているひとつの動画に注目。

アドリブで演目を決める寄席では「同じようなジャンルはやっちゃいけない」という暗黙の了解があるが、先に舞台に立った姉弟子の神田阿久鯉が自分のやりたかった『赤穂義士伝』のネタを披露したところから、伯山は悪巧みを思いつく。

師匠の神田松鯉を言いくるめ巻き込んで、阿久鯉、松鯉、伯山まで『赤穂義士伝』繋がりでネタを披露する流れにしたのだ。

◼伯山の自画自賛

伯山はしたり顔で「自分のYouTubeの宣伝をするわけじゃないんですけど、あれは革命ですね」と自画自賛。太田も「たしかに。面白いし貴重」と称賛をおくった。

すると調子があがってきた伯山の毒が「要するにほかのクソみたいなYouTuberと違ってて、志が高いんですよ」とYouTuberに飛び火。

田中は「全員を敵にしたいの? 病気だよ、嫌われたい病」と呆れる。その後も「やっぱり俺はYouTubeでも大きな一歩を踏み出したなって思います」と最後まで伯山は自身のYouTubeを褒めちぎった。

◼ネットでも話題

寄席だけでなくラジオ・テレビなどメディアに進出し、大活躍中の伯山。今度はYouTuberデビューを果たし、講談をさらに世の中に広めようと邁進している。

ネットでも「私もYoutube見てみよう」「神田伯山の襲名披露の舞台裏の様子がyoutubeにあるけど、人間模様が面白くて見続けてしまった」と伯山のYouTubeに興味を持っているファンが多かった。

伯山の影響は若い、新たな講談ファン獲得にもつながっている。YouTubeデビューにより、伯山の狙い通り、ますます若年層のファンが増えるのは間違いないだろう。

(文/しらべぇ編集部・ #サバマサシ

#YouTube #YouTuber #爆笑問題 #ラジオ #爆笑問題カーボーイ #YouTube #チャンネル #R藤本 #芸人 #新年会 #川口春奈 #YouTube #チャンネル #最終回 #散歩 #熊田曜子 #ルーティン #体重 #タレント #YouTube #貯金 #資産運用 #YouTube #生放送 #リスナー #アーティスト #ミュージックビデオ #YouTube #声優 #ユニット

神田伯山、自身のYouTubeを絶賛 「クソみたいなYouTuberとは違う」