「ニックネームは“じぃ”です」。ご学友が語る天皇陛下のウィットに富んだお人柄

高校生の時、オーストラリアから留学生として学習院高等科へやってきたアンドルーさん。以来、陛下との親しい交流が始まります(構成=篠藤ゆり 撮影=吉場正和)

* * * * * * *

ニックネームは“じぃ”

2019年11月10日、私も #天皇皇后両陛下 のご即位をお祝いしようとパレードに出かけました。テレビで拝見した即位の儀式は日本の伝統を感じさせるおごそかなものでしたが、パレードは一転してオープンな雰囲気。

さまざまな世代の方がいらしていて、今上天皇と #雅子さま は国民からの人気がとても高いと感じ、私としても本当に喜びを感じました。そして両陛下、とりわけ雅子さまの笑顔が輝いていたことが、心から嬉しかったです。

10代からの友人が天皇陛下になられたことは、光栄であるとともに、ちょっと不思議な感覚です。そして、まだまだ若々しくいらして、いいタイミングで即位なさったな、とも感じます。両陛下とも国際感覚が豊かで、今の時代にぴったり。上皇陛下もご健康なうちにご退位なさったので、次の世代を温かく見守ることができます。

私は16歳の時、オーストラリアからの交換留学生として学習院高等科2年に編入しました。1学年下に宮さまがいらして、初めてお会いした際に、私から「お友だちになっていただけませんか?」と申し上げたところ、「喜んで」とおっしゃって。その後、先生の勧めもあって参加したクラブ活動「地理研究会」の集まりでご一緒するようになり、友人関係が始まりました。

夏休みに、地理研の合宿で能登半島に行った時、ホテルの部屋で宮さまが「私のニックネームは“じぃ”です」とおっしゃいました。でも私はじぃの意味がわからず、そうお呼びすることはありませんでした。

後年の1993年に、私が『ぼくの見た皇太子殿下』という本を出す際、陛下は原稿に目を通して助言をくださったのですが、その時“じぃ”のいわれも教えてくださいました。中等科の時、盆栽を見て「いい枝振りですね」と言ったところ、友人たちから「じじくさい」と、そのあだ名がついた、と。

そんなふうにフランクに呼ばれることが嬉しかったようで、中等科の謝恩会では“じぃ”にちなんでバッハの「G線上のアリア」を演奏なさったとか。ご公務の時はとても真面目なご様子ですが、このように普段はウィットに富んだお人柄なのです。

約1年間の留学が終わり、私がオーストラリアに帰国してからは、陛下と英語で文通をするようになりました。私宛てに「安土留宇様」と書いてくださるなど、いつもユーモアと親愛の情に溢れたお手紙でしたね。

家族ぐるみの交流に

私は日本についてもっと知りたくなり、帰国して1年後、東京外国語大学に進学。友人として御所に上がり、英語の話し相手となりました。陛下は英語にとても興味をお持ちのご様子で、早く習得なさりたかったのでしょう。月に1、2回は伺っていました。

御所に上がると、ご一家の雰囲気がとても温かい。普通のご家庭という表現がふさわしいかどうかわかりませんが、本当に仲のいいご家族で、この中で育ってこられたからこそ、陛下の温かいお人柄が培われたのだろうと感じました。

大学時代、私の両親と妹2人が日本に来た際、「私の家族にお会いになりませんか?」と申し上げたところ、「いいですよ」とおっしゃいました。当日、5人で御所に上がったら、ご一家が揃って迎えてくださって。私の妹たちは礼宮さま(秋篠宮皇嗣殿下)や紀宮さま(黒田清子さん)と遊んであちこち走り回り(笑)、母と美智子さまは、ふたりで話しこんでいました。

83年に陛下がオックスフォード大学に留学するご出発の日、私もお見送りに行きました。後ろからとんとんと肩を叩かれたので振り返ると、美智子さまが「アンドルーさん、ちゃんと過ごしていますか?」とおっしゃるのです。そしてニッコリ微笑みながら、「あなたのお母さまから、息子をよろしく頼みますと言われましたから」と。まさか母がそんなことを頼んでいたとは!(笑)

陛下がご結婚されるまでは、御所で一緒にお酒を楽しむこともありました。やはり家で飲むのが一番リラックスできるのでしょう。お酒が強く、飲むと普段以上にユーモア感覚が豊かになられる。28歳で皇太子殿下になられてからは一度だけ、当時の天皇皇后両陛下、紀宮さまもご一緒にお酒を楽しんだこともあります。

ご結婚されて間もない頃、地理研のOB会に雅子さまを連れていらしたことがありました。私は一目拝見して、「わぁ、素敵な方だな」と。陛下がほかの方のところに行かれたので2人きりになってしまい、私が緊張していたら、雅子さまのほうから話題を振ってくださった。本当に知的で、おやさしくて、美しい方です。

陛下は、ご公務とご家族、どちらもとても大事に考えていらっしゃるのだと思います。その次がご自身のご研究。陛下の性格上、何事に関しても徹底的に知りたいとお考えなのでしょう。英語もそうでした。ご公務などでどこかにおでかけになる際は、事前の勉強、準備が万端でないと気が済まないでしょうから、本当に日々お忙しいと思います。

お立場が変わられて、今までのように気軽にお目にかかることができなくなるのは寂しくもあります。でも陛下がご健康で、ご家族が健やかであることが、友人としてなによりの望みです。

#ニックネーム #天皇陛下 #不思議 #友人 #高校

「ニックネームは“じぃ”です」。ご学友が語る天皇陛下のウィットに富んだお人柄