上野樹里と吉高由里子が「週刊誌記者」を演じる不思議な符合

 偶然なのか時代がもたらす必然なのか、定かではないが、今クールのドラマでは、強く美しい女性の活躍が目立つ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *

「魅力的な、堂々とした、見事な、気前のよい、巧みな」。英語の「ハンサム」の意味を調べると、そんな言葉が出てきます。ハンサムはかつて主に男性に使われてきた言葉でしたが、今や「ハンサムウーマン」という言葉もしばしば耳にします。

 社会で活躍する女性が増えたこととも関係あるのかもしれませんし、NHK大河ドラマ『八重の桜』(2013年)で主人公・新島八重が男装して戦いに参加、夫から「ハンサム」と言われたことが広く知られてより一般化したのかもしれません。

 そう、“ハンサムな女性”とは美しくかつ堂々として強さや勇気を持つ人のこと。今期のドラマの中に、まさに惚れ惚れするような「ハンサムウーマン」がいます。その筆頭が『テセウスの船』(TBS系日曜午後9時)で由紀役を熱演している #上野樹里 さん。

『テセウスの船』の物語は……主人公・田村心( #竹内涼真 )が、過去と現在をタイムスリップしつつ、殺人事件の犯人にされた父の無実を証明しようと格闘するミステリー。冒頭、主人公の妻・由紀という役柄で登場した上野さんは、心がタイムスリップして過去から戻ってくると、今度は真実を追究する週刊誌記者として再登場。主人公を支え励ましていく。一人二役とトリッキーな物語設定ですが、上野さんの説得力ある演技で不自然さを感じさせません。

 毅然としたその態度、凜とした目つき、揺らがぬ信念と強さ。とにかく上野さんの顔つきが清々しくて格好よくて思わず見とれてしまったのが、第4話終わりのシーンです。事件の被害者の会合で、記者・由紀は壇上に駆け上る。

「事件の真実を追究すべき」「今犯人とされている男は濡れ衣をかけられているかもしれない」「もしまだ語っていないことがある人はぜひ口を開いて欲しい」と熱く説く。聴衆から水をかけられても動じず、しっかりとマイクを握りしめ、一つ一つ丁寧に言葉を紡ぎ出す力強さには泣けた。目を奪われてしまった視聴者も少なくないはずです。

 第5話でもそうでした。心が折れそうになる主人公に対して「私は諦めません」と力強く励まし包み込む。「ハンサムウーマン」度がぐーんとうなぎ登りです。

 もちろん、由紀を演じる上野さん自身の演技が素晴らしいことは言うまでもないのですが、彼女の「ハンサム度」がこれほどまでに引き出された要因として、主役・竹内さんの集中力と真に迫る演技力も見逃せない。目を潤ませてギリギリの瀬戸際に立つ人物を熱演する竹内さん。「どうしても冤罪の父を助けたい」という切迫感が画面に溢れ、それに反応して上野さんも揺さぶられ互いに影響しあう。まさに二人の役者の往復運動が見所です。

 人間が演じるからこそドラマは面白い。一人の言葉が相手に影響を与え相手を変え、それがまたブーメランのように戻っていく。このドラマは芝居の持つ醍醐味を見せてくれています。

 さて、今期ドラマを見回すともう一人の「ハンサムウーマン」が。『知らなくていいコト』(日本テレビ系水曜午後10時)で週刊誌記者・ケイトを演じている #吉高由里子 さん。こちらも自分の足でしっかりと立つ芯の強い女性記者を好演。母が急死し、重大な出生の秘密を知らされて真実を追究していく役どころです。

 ドラマの中では恋愛模様もしっかり描かれるけれど、ケイトは相手とあくまで対等な関係で、後輩の男性たちからは「カッコイイ」と慕われるハンサムウーマンです。

 奇しくも、上野さんと吉高さん二人の役柄はともに「週刊誌の記者」。ちょっと不思議な符合。この世の中で正義・強さ・輝き・打開力といった「ハンサム」度を求めると、そんな職業イメージになるのでしょうか?

 あっ、もう一人ドラマの中にいました、「ハンサムウーマン」が。

『ハムラアキラ』(NHK総合 金曜午後10時)で主人公・晶を演じる #シシド・カフカ さんも切れ味のいいハードボイルド女探偵を好演中です。ドラマは社会を映す鏡。ハンサムウーマンが実際に活躍している時代というよりは、「ハンサムウーマンがいて欲しい」「活躍できる社会になって欲しい」という願いが結実した結果、複数のハンサムウーマンたちがフィクションとしてのドラマの中で躍動している、ということなのかもしれません。

#上野樹里 #吉高由里子 #週刊誌 #記者 #不思議

上野樹里と吉高由里子が「週刊誌記者」を演じる不思議な符合