「ポケモン不思議のダンジョン」第1作をひとまとめ グラフィック一新して復活

任天堂は、Nintendo Switch(ニンテンドー・スイッチ)向けゲームソフト「ポケモン不思議のダンジョン救助隊DX」を2020年3月6日に発売する。

好みのポケモンを選ぶことも可能に

2005年にニンテンドーDS・ゲームボーイアドバンス向けに発売されたシリーズ第1作「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊/赤の救助隊」が1本になってリメイク。プレイヤー自身が「ポケモン」となって進めるストーリーはそのままグラフィックを一新し、絵本のようなタッチでポケモンたちの世界が描かれる。

ポケモンたちだけが暮らす世界が物語の舞台。ある日突然ポケモンになってしまったプレイヤーは、森で出会ったパートナーと一緒に、困っているポケモンたちを助ける「救助隊」を結成。

入るたびに地形が変化する「不思議のダンジョン」でパートナーと救助活動をしていくうちに、なぜ自分がポケモンになってしまいこの世界に来たのか、その本当の理由を知ることになる。

「ピカチュウ」や「イーブイ」、「ニャース」ら16種類から、いくつかの質問に答えることで自分の分身となるポケモンが決定されるほか、今作では好みのポケモンを選ぶことも可能になった。また、自動でダンジョンを探索してくれる「オートいどう(移動)」や「オートセーブ」などの機能を搭載し、「不思議のダンジョン」シリーズ初心者でも簡単にプレイできるという。

価格はパッケージ版、ダウンロード版とも5980円(税別)。

#ポケモン #不思議 #復活 #救助 #発売

「ポケモン不思議のダンジョン」第1作をひとまとめ グラフィック一新して復活