ミキ・昴生が人気後輩芸人にブチギレ 「ここ1年ずっとタメ口」

14日放送『人生最高レストラン』(TBS系)に、兄弟コンビ・ミキの亜生と昴生が登場。ライバル視する芸人について聞かれ、「生意気な後輩芸人」への怒りをあらわにした。

◼目の上のたんこぶ

「漫才師という肩書きで生きていきたい」とお笑いへの熱い想いを語ったミキの2人。MCの #加藤浩次 から「目の上のたんこぶとかライバル視する芸人っている?」と尋ねられる。

昴生は「目の上のたんこぶっていうか、ずっと(一緒に)やってるのは #霜降り明星 」とお笑い第7世代の旗頭である霜降りの名を出す。

◼特に昴生が怒り

亜生からすれば「1つ先輩」だが昴生にとっては後輩にあたる霜降り。昴生は「粗品なんかこの1年ぐらい僕に敬語を使ってない。タメ口」と怒りを滲ませる。

加藤から「そこを超えるのが目標だな」と声をかけられ、2人は「切磋琢磨してやっていきたい」と同じお笑い第7世代として共に努力していくと誓った。

◼2組の関係性に…

霜降りのラジオ番組にゲスト出演したさいには、霜降りからイジられまくるなど、先輩というより後輩のような扱いを受けてきたミキの2人。特に実際に先輩にあたる昴生は、イジられるのを喜びつつも怒りを爆発させてきた。

視聴者は「霜降り明星さんと切磋琢磨しながら、ね」「ミキと霜降り、好きですよ」と2組の関係性を微笑ましく見守っているようだ。

◼ライバルがいるのは少数派

しらべぇ編集部で全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の12.9%が「ライバルと思っている人がいる」と回答している。

一般人は「ライバル視する相手がいない」ようだが、芸能界という競争社会では「ライバル」はいて当たり前なのかもしれない。後輩とはいえ『M-1』『R-1』制した霜降りだけに、ミキにとっては強力なライバルになりそうだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日

対象:全国10代〜60代の男女1,721名(有効回答数)

#芸人 #昴生 #ミキ #後輩 #ライバル

ミキ・昴生が人気後輩芸人にブチギレ 「ここ1年ずっとタメ口」