ミキ昴生、『恋つづ』最終話で共演した弟・亜生の“はちゃめちゃ”ぶりに「なんやあいつ!邪魔やろ!」

#上白石萌音#佐藤健 が共演したドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)が17日に最終回を迎えた。放送開始から上白石演じるナース・佐倉七瀬と佐藤扮する「魔王」こと天堂浬の“胸キュン”な展開が話題になった同作で、佐倉の先輩看護師として出演していたのが、お笑いコンビ・ミキの昴生だ。最終回では弟の亜生も登場したが、この亜生演じる優人が何かとストーリーに波風立てることに。そのはちゃめちゃぶりに、昴生も兄としてツッコまずにはいられなかったようだ。

最終回の平均視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、放送終了後は本編やオリジナルストーリーを配信している動画配信サービス・Paraviのサーバーがアクセス集中でダウンするなど大きな反響を得ることとなった『恋はつづくよどこまでも』。そんな同作の最終話にゲスト出演したのがミキの亜生で、昴生演じる沼津幸人の弟・優人として登場。医療法人で仕事をしている優人は病院に看護師の海外留学プログラムをもちかけ、これをきっかけに佐倉は「留学するか、天堂先生のそばにいるか」という選択を迫られることになるのだった。

更には放送終盤、佐倉と天堂が結婚式を挙げる際には、式中に優人が突然発作を起こし転倒。幸せな空気を一変させ緊張感を持たせるなど、なにかとストーリーをかき乱す役割を果たしていた。

放送終了翌日の18日にInstagramを更新した亜生は、佐藤健と上白石萌音の間に挟まれ腕を組む仲良し3ショットを披露。「#幸せ」「#家に写真飾ってます」と主演2人との記念写真に感動すると同時に、「#倒れさせたら右に出るものはいない」「#そういう役者さんになりたいです」と今後も体を張った演技に意欲を見せていた。

一方で、兄の昴生は自身のInstagramで兄弟共演までさせてもらったことに感謝しつつも、「#しかもあいつのせいで」「#色々めちゃくちゃになるし!」「#なんやあいつ!」「#邪魔やろ!」とツッコミ。フォロワーからも「ほんとに亜生ちゃん、やってくれたな笑」「思っていたよりキーパーソンで驚きました」と意外な役割に驚きの声があがった。

それでも「#恋つづメンバーになれて」「#ほんま良かった!」と自身初の連ドラ出演を振り返った昴生は、「#またあったらええのになあ!」と続編にも意欲を見せている。視聴者からの続編希望もひときわ強いドラマだけに、今後の『恋つづ』メンバー再集結及び“沼津兄弟”のやりとりにも期待が寄せられそうだ。

画像は『ミキ昴生 2020年3月18日付Instagram「恋はつづくよどこまでも!! #最終回どうでしたか?」』『ミキ 亜生 弟 2020年3月18日付Instagram「『恋はつづくよどこまでも』出演者のみなさんもスタッフのみなさんも優しくて、めちゃくちゃ楽しい現場でした。」』のスクリーンショット

#昴生 #ミキ #共演 #最終回 #上白石萌音

ミキ昴生、『恋つづ』最終話で共演した弟・亜生の“はちゃめちゃ”ぶりに「なんやあいつ!邪魔やろ!」