ミキ早くも『M-1グランプリ2020』優勝に意気込み ライバル・和牛の卒業宣言で奮起か「ストレートで決勝に」

兄弟お笑いコンビ・ミキが今年の『M-1グランプリ』に向けて意気込みを明かした。昨年は『M-1グランプリ2019』の開催が6月13日に発表され8月1日から予選会がスタート、12月22日に行われた決勝大会でミルクボーイが優勝して15代目王者となった。『M-1グランプリ2020』の開催はまだ発表されていないが、ミキの2人は優勝を目指して今から燃えているようだ。

3月21日放送のTBS系情報バラエティ番組『王様のブランチ』でロケ企画「弾丸グルメ」に出演したミキ。リポーターの小林麗菜と福岡市を訪れてグルメロケするなか、タクシーで移動中にトークが盛り上がった。

ミキは全国ツアー『ミキ漫2020』を4月16日に東京公演からスタートさせ、9月18日の大阪・なんばグランド花月まで全国13か所を巡る予定だ。兄の昴生はツアーについて基本的に新ネタを披露すると触れつつ、やがて「今年はもう『M-1』優勝するから」とテンションが上がった。

昴生が今年はこれまで以上に『M-1』への「思いが強い」と明かせば、弟の亜生も燃えており「ストレートで決勝にいきたい」と意気込んで優勝を誓った。

ミキはこれまでの『M-1』で2015年に準々決勝進出、2016年に準決勝まで進み予選16位で敗者復活戦2位、2017年には決勝大会で3位と躍進。2018年は予選15位ながら敗者復活戦で勝ち上がり決勝進出して4位、2019年は準決勝まで進み予選13位、敗者復活戦2位と悔しい思いをした。

一方で『M-1グランプリ2015』決勝大会で6位となり2016年、2017年、2018年と2位が続いたお笑いコンビ・ #和牛 は、ミキにとって偉大なる先輩でありライバルと言えるだろう。

その和牛が『M-1グランプリ2019』の敗者復活戦で2位のミキに20万票近い差をつけて決勝のステージに立つも4位に終わった。決勝大会後に生配信された番組で、和牛の2人は『M-1』を卒業する意向だと明かしたのである。

ミキの昴生・亜生は、和牛の卒業宣言を受けて『M-1』への思いを引き継ぐ気持ちで「今年は優勝するから」「ストレートで決勝にいきたい」と燃えているのかもしれない。

ちなみに冠番組『マンゲキ発信! BUZZってミキ!』がDVDになったことから18日にインタビューを受けたミキは、『M-1』について「今年は優勝しか狙ってない、今年は優勝のみ」と話して強い意志を表した。

Twitter上では「ちょっと早いけど来年のM-1予想 #M1グランプリ2020(本命)ミキ…」、「ミキは今年も優勝候補だね。昨年の敗者復活ネタ(アナ雪ネタ)は10分くらいあればもっと面白かった…」、「M-1優勝宣言〜 #ミキ #全力応援」などの声が見受けられ、早くも期待されているようだ。

画像は『王様のブランチ 2020年3月19日付Twitter「【3/21(土)】午後の部 #王様のブランチ」』のスクリーンショット

#M1グランプリ #ミキ #優勝 #和牛 #卒業

ミキ早くも『M-1グランプリ2020』優勝に意気込み ライバル・和牛の卒業宣言で奮起か「ストレートで決勝に」