八村塁、“充電式”ロボットに変身? 鍛え抜かれた肉体美で超人的なプレーを披露

 世界で活躍するバスケットボールプレーヤーの八村塁選手が、電動工具メーカー・マキタの新WEB動画『ロボット塁』篇に出演。八村選手がバッテリーで動くロボットに扮し、超人的な動きを見せている。動画では、ラッパーのKEN THE 390が制作したオリジナル楽曲「ROBOT RUI」も披露されている。

 身長203cmの八村選手が演じるのは、マキタのバッテリーを装着し、超人的な動きを見せるロボット。暗闇のロッカールームで白煙に紛れてゆっくりと起き上がる(起動する)シーンは、目を赤く光らせたロボット役でありながら、八村選手の鍛え抜かれた肉体美で等身大の力強さや存在感が際立つ。そして、八村選手が“スピード”や“パワー”、“粘り”といった製品の特徴をプレーで表現しながら代名詞でもあるダンクシュートを決めると、バスケットコート全体に響き渡るほどのボリュームの「YES!!」と雄叫びも。

 同時公開されたメイキング動画では、カメラで撮影されながらの慣れないプレーに、「どうやって(ダンク)やれば良いんですか?」と、つい監督に質問。監督が「僕に聞かないで下さい」と一言漏らし、現場が笑いに包まれる場面も。スモークを焚いたシーンでは、撮影後なかなか消えないスモークをスタッフと共にうちわやパネルを使って仰ぐなど終始“神対応”を見せている。

 また、メイキングでは意外な一面も披露。撮影合間のインタビューで「嫌いなものはありますか?」と聞かれると「犬や水が苦手で、実は嫌いなものはたくさんある」と暴露。さらに、製品のグラフィック撮影では、バスケットユニフォームを着た八村選手が、充電式草刈り機や充電式チェーンソーを持ってポーズを決める(!?)シュールな姿に。前作のインタビューでは「おばあちゃんの家のお庭の手伝いを出来たらいいなと思います」と語っていた通り、スーパーヒーローを彷彿とさせるような佇まいを見せた。

 新WEB動画『ロボット塁』篇は、「マキタ 八村塁×KEN THE 390 特設サイト」および、マキタ公式YouTubeチャンネル「Makita Products」で公開中。

#ロボット #八村塁 #充電 #バッテリー #世界

八村塁、“充電式”ロボットに変身? 鍛え抜かれた肉体美で超人的なプレーを披露