辻希美が語る4児の母としての想い「子供たちが自慢できる存在でありたい」

 20歳の時に #杉浦太陽 と結婚し、現在は1歳から12歳まで4児の母となった #辻希美 。ブログやYouTubeの投稿を見ていると、「いつ寝ているんだろう」と心の底から不思議に思う。芸能活動をしながら家事や育児をこなし、さらにはYouTube用の動画の編集も自分で行っているのだという。なんとパワフルなことか。それでいて32歳になった現在も、国民的アイドルとして活躍していた頃のイメージをそのまま纏っている。そんな辻のモチベーションはどこから来ているのだろうか。何よりも大事なことは「家族の存在」と語る辻、インタビューでは毎日を頑張る、愛情深い母の顔が見えてきた。

20歳で結婚、32歳になった今思うこと

 現在は母親業がすっかり板についている辻だが、結婚した当時はまだ20歳。家事や育児に関する知識はなかったが、それが逆に良かったと語る。「知識がまったくなくて、真っ白な状態だったところに、料理や洗濯などの家事がスッて入って来た感じで、すんなり受け入れられました」。そして若いうちに結婚したことで淋しかったのは、「みんなが遊んでいる時に遊べなかったことだけですね」と笑顔を見せた。

 辻が20歳で出産した長女は、現在12歳。娘と同じ服を共有できることも結婚、出産して良かったと思うことのひとつだそうだ。ちなみに12歳という年齢は、辻がデビューした歳でもある。「感慨深いですね」と言うと、「全然、娘の方がしっかりしているんですけどね」と母の顔で笑った。
 

「大変以上の言葉って何だろう」子育てへの本音

 辻はこの12年間、産休を挟みつつ仕事を続け、家庭を切り盛りしてきた。元来、「何事も何とかなる」と考えるポジティブな性格だというが、4人の子育てと仕事の両立について話を振ると「大変以上の言葉って何だろう…って、本当に思います(笑)。大変っていう言葉では伝わらないぐらい大変です(笑)!」と本音がポロリ。だがその後には「だけどそれって、家族があるからできること」と続けた。

 「特に私たちの仕事は子供にも見られたりするので、そういう面でのやりがいもあります。あとは子供たちが大きくなるにつれて本当にみんなよく食べるし、1人に習い事をさせたら他の子にも平等にさせてあげたいなと思います。親にプレッシャーがかかる分、仕事やらなきゃ、頑張らなきゃって思うんですよね。だから、仕事と家庭の両立が無理だなんてことは、絶対ないと思います。私も結婚する時、仕事をとるか、結婚をとるかの選択を迫られましたが、今こうやって両立できていますから」
 

 辻が仕事と家庭を両立できているのは、夫・杉浦太陽の支えもある。家族のあり方について、辻は「男の人が働いて女の人が家事をするというやり方も、もちろんあると思うんですけど、今は男の人も家事をして、女の人も仕事して、家庭内のサイクルをうまく回しているご家庭も多いですよね。それができていれば、夢や仕事、やりたいことがあるのは、いいことだと私は思います」と語った。

子供たちの視線がモチベーション「疲れている自分は見せたくない」

 多忙を極める日々の中でも、「全然寝ていますよ!」と語る。睡眠時間を確保できているのは、効率よく物事を進める術を身に着けたからなのだそう。「本当に器用になったというか。勉強はできないですが時間の配分、使い方の計算はすごくできるようになりました。YouTubeの編集もめっちゃ早くなったんですよ(笑)。コツを掴めばわりと何でも短縮してできていますね」

 しかしながら、どんなにテキパキと物事をこなしていても、時にはサボりたくなるのが人の性というもの。「サボりたくなる時はないんですか?」と聞くと、辻は「でもサボった後、自分にかかってくる大変さがあるので、それは避けたいですね。洗濯を1日サボったら、その分溜まった大量の洗濯物を後日洗わなきゃいけないので。それは嫌だ(笑)。」と笑顔で言い切った。

 最後に、現在のモチベーションを聞いてみた。「モチベーションは、子供たちからの視線です。大変さも見せなきゃいけないとは思うんですけど、私は何でも楽しくやろうと思っています。疲れている自分をあまり見せたくないんです。人として、お母さんとして、子供たちが自慢できる存在でいたい。そういう想いはすごくあります」

 辻希美がMCを務める恋愛リアリティーショーは3月28日(土)22時より #AbemaTV にて放送。

テキスト・取材:水野梨香
撮影:mayuko yamaguchi
 

#辻希美 #子供 #自慢 #YouTube #杉浦太陽

辻希美が語る4児の母としての想い「子供たちが自慢できる存在でありたい」