ダルビッシュ、お肉券めぐるツイートに反響 「ほんとそれ」「たしかに」

27日、MLBのシカゴ・カブスに所属する #ダルビッシュ有 投手が自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、緊急経済対策案のひとつとして浮上しているとされる、「お肉券」について持論を述べた。

■「なんで補償が……」

ネット上で大きな話題となっている「お肉券」。訪日外国人の激減などで需要が低迷する #和牛 の消費喚起などを目的としているが、牛肉(和牛)に限定していることの理由や、経済対策としての有効性について、反対や疑問の声も多い。

そんな中、ツイッターを更新した #ダルビッシュ 。「日本はなんでこんな状況なのに補償がステーキ券とかなの?」(原文ママ)と、素直な疑問を呈する。

■「検討」の時点でおかしい?

投稿から約4時間で1万を超えるリツイート、約4万のいいねを集めているこのツイート。その後、ネット民のリプライに答える形でダルビッシュの考えが明らかになっていく。

たとえば、まだ正式に決定したワケではないという趣旨のリプライには「いや、それが検討されているだけで十分やばいと思いますよ」と返信。マスコミが検討内容の一部を切り取っているだけだという趣旨のリプライには「検討にすら出てくるのがよくわからないんですが」と返した。

■「ほんとそれ」と共感の声

今回のツイートに対し、ネット民からは「ほんとそれです」「検討してるってだけで十分ヤバいですよね」「お魚券、お寿司券もありますよ」「欲しいのは日本銀行券なのですが……」などの声が寄せられることに。

また、「つぎは『肩たたき券』だと予想しています」など、今後登場しそうな券を先回りで予想する人も。

■「ステーキ券」への指摘には…

ちなみに、お肉券をステーキ券と間違えたことへのリプライには「本当にそうなったら和牛いなくなっちゃう。逆に和牛の危機」とユーモラスな返信を行なったダルビッシュ。

仮にお肉券が実現化したとしても、それだけで経済対策になるとは考えにくい。新型コロナの影響で困窮している人々を救済するための対策が取られることを願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

#ダルビッシュ #ツイート #反響 #和牛 #MLB

ダルビッシュ、お肉券めぐるツイートに反響 「ほんとそれ」「たしかに」