別れの曲『贈る言葉』『なごり雪』等の秘話と著名人の思い出

 聴けば当時の記憶が鮮明に甦る──そんな「別れの歌」は誰にでもある。見上げれば桜が咲いている、こんな季節は特にそうだ。

「柏原芳恵の『春なのに』は亡き夫が、私がカラオケで歌うととても喜んでくれた曲。夫は去年の5月に亡くなりましたが、桜の頃が最も具合の悪い時期で、きれいに咲き誇る桜を見るといまも寂しい思いに胸が苦しめられます」(50才女性)

 サビの歌詞を聴いて、恋人や友人との別れを想起する人もいるだろう。卒業ソングのみならず、思い出深い春の別れの歌は人によってさまざまだ。あなたにとって、いちばん心に残る一曲はなんだろうか──。

  #舟木一夫 の『高校三年生』や #ペギー葉山 の『学生時代』がヒットした1960年代、高度経済成長期のまっただ中にあった日本は、東京五輪開催に沸いていた。地方から夢を抱いて上京する——別々の道を歩む友人たちへの惜別を明るく歌い上げた曲が流行したのも、そんな時代背景があったのだろう。

 1970年代になると「きみ」「あなた」といった言葉が多用され、恋人や仲間との別れが歌われるようになる。卒業ソングの定番になった #海援隊 の『贈る言葉』も、もともとは失恋の歌だったという。

#武田鉄矢 さん(70才)が地元・福岡の学生時代、好きな女の子にフラれたほろ苦い経験から歌が生まれたそうです。本人は“失恋の歌を書いたつもりなのに、なんで卒業式で歌われるようになっちゃったんだろうな”と笑っていました」(音楽関係者)

 フォークグループのかぐや姫の楽曲を、イルカ(69才)がカバーした『なごり雪』は、亡き夫で音楽プロデューサーの神部和夫さんの情熱が実現させた歌だった。

「イルカさんが21才、神部さんが24才のときに結婚して以来、神部さんは自身の音楽活動をすっぱり辞めてイルカさんのプロデュースに徹しました。なかなかヒット曲が出ないイルカさんの才能を信じ続け、“これだ!”と思ったのが『なごり雪』だった。

 当時は無名のイルカさんがカバーするのは無謀といわれたそうですが、熱心に関係者を口説き続けてカバーを実現、大ヒットにつながったそうですよ」(別の音楽関係者)

『なごり雪』が不動の別れの歌となって久しい2007年、神部さんはパーキンソン病に侵され59才でこの世を去った。

 1970年代にはほかにも荒井(松任谷)由実の『卒業写真』や #山口百恵 の『いい日旅立ち』など、多くの別れの名曲が生まれた。プロスケーターでタレントの渡部絵美(60才)は、中島みゆきの『わかれうた』を印象的な別れの歌として挙げる。

「2才でスケートを始め、9才でアメリカにスケート留学した私が『わかれうた』に出合ったのは18才のとき。1日8時間の練習づけの毎日の中、日本から送ってもらったこの曲のテープを、涙をこぼしながら何度も繰り返し聴いていました」

 日本を離れての練習がつらく、何度も氷の上に倒れそうになったとき、この『わかれうた』の冒頭の歌詞を叫びたくなったこともあったという。

「そうしたつらい時期を支えてくれたのは、アメリカの高校の仲間です。この曲を聴くと、国籍を越えたつながりを教えてくれた仲間との別れも思い出され、もの悲しい気持ちになります」(渡部さん)

 経済評論家の森永卓郎さん(62才)にとっての別れの歌は、吉田卓郎の『今日までそして明日から』だという。

「ぼくは小学5年生までを欧米で過ごしたので、帰国してからは日本語もろくにしゃべれず通信簿は1と2ばかり。しかも太っていたので、ずっといじめられっ子でした。中学で転校し、この曲に出合ったのが15才のとき。当時はフォークソングブームで、みんなでギターを弾きながら、吉田さんの曲を歌っていました」

 曲名の通り、明日からもまたこれまでと同じように生きていくだろう、と歌うこの曲。

「この歌詞を聴くと、これまでの自分を否定し変わろうとするのではなく、あるがままの自分を受け入れる気持ちになれました。“変なヤツ”だからいじめられたけれど、“変なヤツでいいんだ”と思えたんです」(森永さん)

※女性セブン2020年4月9日号

#言葉 #記憶 #カラオケ #歌詞 #恋人

別れの曲『贈る言葉』『なごり雪』等の秘話と著名人の思い出