永野、サンドウィッチマンの優しさに逆ギレ 「最低だな」と批判殺到

芸人らが「売れなかった自身のグッズ」について熱弁した、26日深夜放送『アメトーーク』(テレビ朝日系)。ピン芸人・ #永野 も売れ残りグッズに関して、事務所の仲間でもある #サンドウィッチマン に逆ギレする場面があった。

◼永野の売れ残りグッズ

「2013年ごろ、周りの芸人が売れて腹がたった」永野は、その怒りをグッズにぶつけてヘヴィ・メタル調に漢字の「永野」がデザインされたステッカーや売れ筋商品の「エコバッグ」を販売。

バッグは永野の衣装と同じ鮮やかな青と永野のシルエットをデザインした力作だったが売れ残ったと嘆く。

◼コラボバッグも販売

#小嶋陽菜#萩原聖人 などに配り、それぞれのSNSにアップしてもらうなど、周知を図ったが「全然売れなかった」と振り返る。

◼サンドは?

事務所仲間でもあるサンドの2人もこのバッグを持っておりSNSで紹介しているが、「サンドのプラスになるから言いたくないけど、2人だけは買ってくれた」と永野は告白。

「優しい」と素直に喜びつつも。「この2人使えないなと思ったのは、ここまでやってくれても売れない。そうでもねえな、好感度」と好意を無下にして逆ギレし続けた。

◼視聴者はサンド寄り

毒のあるトークは彼の魅力の一つ。サンドへの悪態もあくまでも「笑い」を狙ったトーク展開ではあったが、視聴者からは「折角お金出して買ってくれたサンドウィッチマンの宣伝効果をディスる永野さん、最低だな」と厳しい声も。

「サンドの好感度が上がって永野さんが勝手に一人で下がっていく」「ってかサンドさん、どんだけ優しいんや…」とサンドの好感度が上昇する効果もあったようだ。

永野らしいトークだったものの視聴者の気持ちはサンド寄り。同番組で紹介したグッズは、ある程度は売上が伸びるようだが、永野の場合はそううまくはいきそうもない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

#永野 #サンドウィッチマン #逆ギレ #最低 #批判

永野、サンドウィッチマンの優しさに逆ギレ 「最低だな」と批判殺到