藤田ニコルに続き安田美沙子も…“芸能界の闇”で消される!?

タレントの #安田美沙子 が、ギャラアップを巡って元所属事務所と裁判沙汰になっていることが話題となっている。

安田は去る3月10日、自身のインスタグラムで第2子出産を報告するとともに、《長年お世話になった事務所を昨年の契約期間満了とともに退社いたしました》と、事務所退所を発表。当初は円満退社と思われたが、ここに来て、〝お金絡み〟のトラブルがあったと『週刊女性』4月7日号が伝えている。

同誌によると、安田は他のタレントと比べて待遇がよく、月給200万円もらっていたそう。しかし、ある大物女性タレントが〝ギャラアップを要求した方がいい〟と吹き込むと、安田は事務所と交渉することに。要求をのんでくれない事務所と対立し、ついには弁護士を立てるまでになったそうだ。

このことが報道されると、世間は一様に安田を非難。全盛期が過ぎたにもかかわらず高給取りで、さらにギャラアップを求める姿勢に、

《勘違いも甚だしい。何の仕事してるの? 月200万なんて不相応》

《この人ってただヘタくそなビジネス京都弁をしゃべるイメージしかない》

《大して秀でた演技力も歌唱力も何1つ持てていない人間が何を寝言でギャラアップ主張してんだか笑えますね》

《働いてないのに給料もらって、さらに上乗せを要求するとは、もうドロボーの域》

などと、辛らつな声が投げつけられてしまった。

 

ギャラアップ交渉のタレントに制裁か?

しかし、この一連の報道には謎も残るようだ…。

「先日、 #藤田ニコル がギャラに関して事務所と揉めているとスクープされ、今回と同じように、ニコルに非難の声が上がりましたね。とはいえ、タレントと事務所間の繊細なやり取りが、こうも簡単に漏れてしまうのはおかしい。ギャラアップ交渉をしたタレントを世間に向かってさらし上げ、〝公開処刑〟している感が否めません。こういった報道が続くと、他のタレントたちが事務所とギャラ交渉するケースが少なくなるでしょう…」(芸能記者)

事務所に盾突いたタレントの命運は…。芸能界は恐ろしい。

 

#安田美沙子 #藤田ニコル #芸能界 #退社 #タレント

藤田ニコルに続き安田美沙子も…“芸能界の闇”で消される!?