指原莉乃、『あつ森』プレイ開始するも… 「島に付けた名前」に爆笑

タレントの #指原莉乃 が、27日自身のツイッターを更新。『あつまれ どうぶつの森』をプレイした際、無人島に付けた名前に爆笑が起こっている。

■発売から遅れてプレイ開始

20日に任天堂からNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売され、世間では大きな話題になった。

指原も、発売から遅れ26日のツイッターで「いまさらどうぶつの森」「なにからしたらいいんやろか」とプレイし始めたことを報告している。

今回のゲームのテーマは「無人島移住生活」。島の名前を自分でつけることができるため、ファンから名前について質問があったようで、リプライにて「みんなめっちゃ島の名前聞いてくるじゃんまだなにもしてないよ」と回答した。

■無人島の名前は…

日付が変わり27日。指原は再びツイッターを更新し「どうぶつの森の島の名前って知り合いに見られるものなんだ…」と意味深長なコメントをつぶやく。

ゲームをプレイしている人同士で、お互いの島を行き来することができるどうぶつの森。その際に、相手の島の名前を見ることができるが、それを知らなかった指原は「変な名前にしちゃった」とのこと。その気になる島の名前は「どうぶつさっ島(とう)」だそうだ。

■まさかの名前に爆笑

まさに、島に動物が殺到する『あつまれ どうぶつの森』だが、まさかのネーミングにファンは爆笑。「センスが溢れてる」「これは逆に覚えやすいです」「ワードセンス…流石すぎる」と、コメントが相次いで寄せられている。

指原以外にも、多くの著名人がプレイしている『あつまれ どうぶつの森』。外出自粛など自宅にいる時間が増えるため、この機会に平和な無人島生活を楽しんでみても良いかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

#指原莉乃 #どうぶつの森 #発売 #ツイッター #タレント

指原莉乃、『あつ森』プレイ開始するも… 「島に付けた名前」に爆笑