TVを見て感涙した人は7割に迫る 女性の高い共感力も一因か

(kokoroyuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「感涙」「感動の実話」と謳ったテレビ番組が多い昨今。ネット上では「もうお涙頂戴モノはいいよ」と飽きられている声も見られる。

だがここで一度原点に立ち返りたい。実際、どのくらいの人がテレビ番組で涙を流したことがあるのだろうか。

■大多数の人は泣いていた

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の67.3%が「テレビ番組で感動して泣いたことがある」と回答している。

なんと大多数の人は泣いたことがあるという結果に。なんだかんだ言いつつも、目にすると感動的な話に涙が止まらなくなるのかもしれない。

なお男女別では男性57.7%、女性76.5%。女性のほうが感動しやすいのだろうか。

■60代女性が8割超

さらに、年代別に見ると、60代女性が8割超。

自分のこれまでの人生と照らし合わせ、感情移入して見入ってしまうのかもしれない。

■ネット上での体験談

ネット上では、このような声があがっている。

「なんか久しぶりにテレビ番組で泣いた」

「テレビ番組に、私が前の会社にいた時に最後まで味方してくれて応援してくれて、パワハラから守ってくれた方が出てた……めちゃくちゃ泣いた」

「何気無くつけていたテレビ番組で泣いた」

人によっては琴線に触れる内容の番組があるということだろう。

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日

対象:全国10〜60代の男女1,653名(有効回答数)

#全国

TVを見て感涙した人は7割に迫る 女性の高い共感力も一因か