ロボコン映画で20年ぶり復活「がんばれいわ!!」

漫画家の #石ノ森章太郎 さんが原作を担当し、テレビ朝日系で1974年(昭49)と99年に2度、放送された特撮ドラマ「ロボコン」が20年ぶりに復活し、映画化されることが分かった。タイトルは「がんばれいわ!! ロボコン」(石田秀範監督)で、公開日は7月31日に決まった。
「ロボコン」は、テレビ朝日系で74年10月4日から77年3月25日まで第1弾「がんばれ!! ロボコン」が118話、放送された。赤くコーティングされたタマゴ型のボディに愛らしい眼が特徴的なロボット「ロボコン」が、ロボット学校から人間社会に派遣され、働く中で、ドジG級ロボットから成長していく物語。同時期に誕生した「スーパー戦隊シリーズ」「仮面ライダー」とともに子供たちの間で人気を呼び、最高視聴率は29.2%を記録した。
1999年(平11)には、「がんばれ!!−」を現代風にリメイクした第2弾「燃えろ!! ロボコン」が、同局で1月から00年1月23日まで全51話放送された。99年12月10日には、新旧ロボコンが共演した特撮ビデオ映画「燃えろ!! ロボコンVSがんばれ!! ロボコン」が製作、発売された。
「がんばれいわ!! ロボコン」製作にあたり「燃えろ!!−」を手掛けた石田秀範監督と脚本家の浦沢義雄氏が20年ぶりに再タッグを組んだ。石田監督は「ヒデ・I」の名義で「燃えろ!!−」の監督を務め、「平成仮面ライダー」シリーズでも数多くの作品を手掛けてきた。浦沢氏も代表作「不思議コメディー」シリーズを筆頭に「スーパー戦隊」シリーズなどの特撮に加え、「忍たま乱太郎」「クレヨンしんちゃん」などの子供向けアニメ作品まで手掛けた実績がある。
タイトルの「がんばれいわ!! ロボコン」には、石田監督と浦沢氏が平成の時代に製作した「がんばれ」と新たな時代「令和(れいわ)」をかけ、コメディー作品としてのギャグを表現したい思いが込められた。第1弾の「がんばれ!!−」を見た世代が親となり、子供と2世代で見る作品として人気を集めた「燃えろ!!−」。この2作を経て「がんばれいわ!!−」は昭和、平成、令和と3つの時代を一貫したギャグセンスで駆け抜けてきた新生「ロボコン」として3、4世代の動員を狙う。
白倉伸一郎プロデューサーは、令和最初の「仮面ライダー」シリーズ作品として放送中の「仮面ライダーゼロワン」を引き合いに「お仕事ロボットの世界を描く『仮面ライダーゼロワン』は、ロボコン復活への布石にすぎなかった! 時代はまさに1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で100点満点めざします。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ〜」とコメントした。
「がんばれいわ!! ロボコン」は、座席が動いたり、においや水などで映画を演出するMX4Dを含め、全国で上映されることも決まっている。

#ロボコン #復活 #テレビ朝日 #漫画家 #石ノ森章太郎

ロボコン映画で20年ぶり復活「がんばれいわ!!」