ミキ・亜生の「ファンにカワイイって言われる悩み」を神田伯山が斬り捨て

1日深夜放送『太田伯山 〜悩みに答えない毒舌相談室〜』(テレビ朝日系)に、兄弟漫才コンビとして人気のミキが登場。弟の亜生の「容姿」に関する悩みを、講談師・神田伯山が斬り捨てた。

◼お笑い第7世代のミキ

お笑い第7世代の一員で本格漫才を披露する実力派として知られる、兄でツッコミの昴生と弟でボケの亜生の兄弟漫才コンビがミキだ。昴生は「ウンチのような顔」とイジられる個性的な顔立ち、対して弟の亜生は「カワイイ」「カッコいい」と評されるモテ芸人とされてきた。

当然、亜生には女性ファンが多いのだが、これは同じ第7世代の #霜降り明星 から「男性ファンが一人もいない」と逆にイジられる要因となってきた。

番組では講談師・神田伯山と #爆笑問題#太田光 に、「漫才中、『面白い』より『カワイイ』が先行してしまう。可愛さって芸人として邪魔じゃないですか?」と亜生が悩みを相談する。

◼亜生の悩みに…

太田も若手時代は、「笑い」よりもルックスでファンになるいわゆる「ワーキャーファン」「顔ファン」が多かったと振り返り、「嫌われるように下ネタや厳しいことを言ってドン引きさせた」と女性ファンを減らす努力をしたと明かす。

亜生も同じように女性ファンを遠ざけようとしたがウマくいかず、「ずっとカワイイと思われているから舞台でスベらない。けどカワイイが先行してウケない」と悩みを吐露し続ける。

伯山は「アイドル顔してるけど正統派ぶる講談師もいる。どっちつかずで一番むかつく」と持論を展開。「本当のこと言っていいですか? そんなにカワイクないですよね」とバッサリと斬り捨てた。

◼視聴者の反応は?

伯山は「別にカワイクない」と指摘したが、亜生はそれに納得しつつも「それでも、何やってもカワイイって言われる」と反論し平行線のまま。最後まで悩みは解決しなかった。

視聴者からは「間違いなくカワイイ」と亜生を評する声が多かったが、反面、「亜生、可愛くなくなった。伯山さんが言ったから言うけどかなり前からだよ」と伯山の指摘を支持する声も少なくない。

◼4割弱が「容姿で差別された」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の自分は容姿が悪いと思っている男女895名を対象に調査したところ、全体の約4割が「容姿であからさまに差別された経験がある」と回答している。

兄弟ながら、容姿であからさまな差別を受けているミキの2人。どちらもある意味では「容姿をイジられている」が、芸人としては「本当はどちらが幸せなのか」、気になるところだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代の自分は容姿が悪いと思っている男女895名(有効回答数)

#ミキ #カワイイ #漫才 #お笑い #昴生

ミキ・亜生の「ファンにカワイイって言われる悩み」を神田伯山が斬り捨て