『愛の不時着』のヒロイン、女性が好きな女性として支持される

 日本で韓流ブームに火をつけ、「ヨン様ブーム」と呼ばれる社会現象となったドラマ『冬のソナタ』の放送から17年。各々が外出を自粛し「おうち時間」を過ごす中、動画配信サービスNetflixで今年2月から配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』が新たなブームを巻き起こしている。日本でも異例の売り上げとなった小説『82年生まれ、キム・ジヨン』、米アカデミー作品賞を獲得した映画『パラサイト』といった作品を立て続けにヒットさせている韓国から生まれた、息もできないほどの切なさが詰め込まれたラブロマンスがここに──。

◆ヒロインの「勇ましさ」 ヒーローの「母性」

 数えきれない魅力を持つ『愛の不時着』だが、やはり柱となるのは主人公のカップルだ。

 ドラマ『私の名前はキム・サムスン』(2005年)、『シークレット・ガーデン』(2010年)などに出演し、「完璧すぎるスター俳優」と称される #ヒョンビン が演じるリ・ジョンヒョク(37才)は、訳あって素性を隠すが、実は北朝鮮の名門家出身のエリート。独裁国家の軍人だけに眼光鋭く、185cmの長身に細身ながらがっしりとした体格の役どころである。

「ヒョンビンは軍人役を演じるために体を鍛えて日焼けし、数か月をかけて北朝鮮の方言を猛勉強しました。韓国では、ジョンヒョクの口調をまねる北朝鮮なまりがブームになりました」(韓国人ジャーナリスト)

 屈強な肉体でひときわ目を引くのが背部だ。細マッチョながら背中が広く大きく、抱き付いたヒロイン・ユン・セリ(=ソン・イェジン 38才)の両手がジョンヒョクの背中に回らない。

 髪形は素朴な坊ちゃん風で服装は迷彩の軍服ばかり。寡黙で職務に忠実な軍人だが、人間的な優しさを併せ持つ。

 それを象徴するのが、パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着したセリをジョンヒョクが最初に発見する場面だ。

 最前方警備隊の中隊長であるジョンヒョクの尋問に、セリは「(私が北朝鮮に来てしまったことは)見なかったことにして」とお願いしてダッシュする。

 するとジョンヒョクは地面に埋まる地雷に注意を促し、「ぼくは地雷の専門家だ」と自信たっぷりに述べるが、次の一歩で自ら地雷を踏んでしまい、ピタリと動きが止まる。急に無表情になったジョンヒョクを見て形勢逆転を悟ったセリは、「専門家でも地雷を踏みます?」と得意げに尋ね、「顔は私のタイプよ」と言い残して一目散に走り去る。

 身動きの取れない彼はセリに銃口を向けることなく、地雷を避ける方法と、韓国との国境への道を告げる。口達者で相手を丸め込もうとするセリと、クールながら思わぬドジを踏み、そのうえで敵国の女性を思いやるジョンヒョクのやり取りが何とも愛らしいシーンだ。

 多くの女性がジョンヒョクの優しさに胸キュンとなったのが、第4話の終幕近く。

 慣れない市場で迷子になったセリが途方に暮れていると、遠くにほのかな灯が見えた。茫然としながら近づくと、アロマキャンドルを高く掲げるジョンヒョクの姿が現れた。

 その数日前に普通のロウソクとアロマキャンドルの区別がつかなかったジョンヒョクが、セリを見つけて「(今回は)香りのするロウソクだ。合ってる?」と優しく語りかけると、彼女は笑顔で涙ぐむ。

『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)の著者でライターの西森路代さんは、こう話す。

「韓国でも胸がときめく人が多かった名場面です。放送後、韓国ではアロマキャンドルの売れ行きが伸びました」

 ジョンヒョクが女心に詳しい恋愛上級者ではないところも胸キュンポイントだ。

「ジョンヒョクは一度も女性とつきあったことのない『母胎ソロ』(母胎から生まれたときからずっとソロという意味の韓国語)です。普段はクールな中隊長だけど女性に対しては決して器用ではなく、セリの過去の恋愛話を聞くと口をとがらせて露骨にスネます。冷徹な軍人と子供っぽさのギャップが視聴者の心をくすぐります」(西森さん)

 ジェンダー問題に詳しいジャーナリストの治部れんげさんはジョンヒョクの「母性的なもの」に注目する。

「ジョンヒョクは軍人でイケメンマッチョなので昔ながらの王子様かと思いきや、身を粉にしてお母さんのように他人をケアします。セリのために豆からコーヒーを煎り、手料理をふるまうだけでなく、部下の中隊員にも優しく接する。ルックスだけでなく、人格的に優れているところが彼の最大の魅力です。私は美男美女が惹かれ合うセオリーが苦手で10年以上もラブストーリーを見なかったけれど、本作でジョンヒョクが見せたお母さんのような優しさには、何度も涙腺が決壊しました」

 それでいて、ここぞという場面では身を挺してセリを守る。韓国に帰国しようとしたセリの乗った車が敵の一味に狙われた際には、オートバイにまたがって颯爽と現れ、一味と激しい銃撃戦を繰り広げた。その姿は正義のヒーローそのものだった。

「私の友人は“あの場面は、『ミッション:インポッシブル』の #トム・クルーズ よりカッコいい!”と興奮していました。まったく同感です(笑い)」(治部さん)

 母性を持つジョンヒョクと対照的なのがユン・セリだ。財閥の娘で経営者でもあるセリは、好きな言葉が「ストップ高、高収益、業界1位」というバリバリのキャリアウーマンで、男性の部下から恐れられる恐怖のボスである。

「セリは自立した賢いヒロイン。男が望む女ではなく、女が好きな女です。韓国に戻る計画が頓挫してもメソメソしないし、北朝鮮で銃をつきつけられ誘拐されても、『私を助けたら得します』と交渉する強い女性です」(治部さん)

 北朝鮮でいじめられている子供を助けたセリがこう諭すシーンは象徴的だ。

「殴られそうになったら先にパンチを食らわせなさい。殴る人は反省を知らないから。私もそう生きてきた。そうしたら誰もいじめず、寄り付きもしなかった」

 セリは強気なだけのヒロインではない。

「自分の意思を持っていて好き勝手なことを言う女性ですが、人間関係はフェア。北朝鮮のおばさんたちとも最初はにらみ合って対立するけど、徐々に打ち解けて、好きなことを言い合っても憎めない関係性を築いていく姿に好感が持てます」(西森さん)

 治部さんも「彼女はセレブだけれど共感できる」と言う。

「通常、お金持ちには共感しづらいのですが、セリは何でも手に入れたようで実は家族からの愛が欠落しています。一見成功していますが、内部に弱さを抱えた努力家なので、多くの人が自己投影できます。北朝鮮にいるときは無一文で人の家の食べ物をバンバン食べる図々しい人でしたが、物語の後半ではその恩返しとして、自分が築いてきた人脈と財力をフルに使ってジョンヒョクや中隊員を守り抜こうとする姿がカッコよかった」

 名家出身のジョンヒョクとセリはともに立場があり、祖国を裏切るわけにはいかない。数々の偶然と運命によって出会ったふたりは心から愛し合いながらも、互いの無事を祈るがゆえに別れなければならない関係にある。

 38度線を越えて「不時着」したふたりの恋愛は、別れを前提とするゆえにひたすら切なく、見る者の涙を誘う。

※女性セブン2020年6月4日号

#不時着 #ヒロイン #ブーム #ドラマ #韓流

『愛の不時着』のヒロイン、女性が好きな女性として支持される