アイドル事務所社長「下腹部から発射」報道で“令和グラビア女王”に心配の声

 5月21日発売の「週刊文春」が、アイドルグループ「dela」の事務所社長・中村浩一氏によるわいせつ行為疑惑を報じた。中村氏は、デビュー志望の女性に対し性的なハラスメントを繰り返していたという。

「今回、『文春』は被害に遭った女性や関係者の証言を掲載。それによると中村氏は、女性に対し『カメラテストしよう』と持ちかけ、自分の下腹部をズボンの上から触らせてきたのだそう。そして肌着姿になり『触って、もっと。気持ちいい、かわいい…』などと囁き、女性の服の中に指を忍ばせたり、ヒップを触っていたとのこと。さらに中村氏は『ティッシュ持ってきて!』と言い、ガマンできずにその場で発射してしまったと言うのです」(芸能記者)

 文春の取材によれば、警察に被害相談しているのは1人ではなく、未成年を含む複数人の女性や現役メンバーも被害に遭っているという。

 そんな中村氏がプロデュースするアイドルグループ「dela」といえば、中心メンバーのSが18年に「ミスマガジングランプリ」を受賞した事で、ファンが急増。それだけにネットでは、彼女に対する心配の声が相次いでいるという。

「Sは『ミスマガジン』受賞時、15歳とは思えない爆裂バストの神ボディが話題となり、多くの男性を虜にしました。そして現在は、17歳にして“令和のグラビア女王”と呼ばれるほどの人気を獲得しているため、ネットでは今回の文春報道に対し『グラビア撮影で海外に行く時、いつも中村さんが同行していたけど大丈夫だったのかな』『もう東京の大手事務所に移籍してほしい。彼女ならビッグになれるはず』『(Sの)仕事に影響が出なければいいけど』と心配する声が殺到しています」(前出・芸能記者)

 5月5日のツイッターにて、ティッシュ箱を持ちながら〈delaと遊ぼう〉と意味深な投稿をしている中村氏。彼の遊びでは済まされない行為に、Sが関わっていないことを願うばかりだ。

#アイドル #令和 #グラビア #女王 #中村

アイドル事務所社長「下腹部から発射」報道で“令和グラビア女王”に心配の声