『ひるおび』捏造!? 奇妙な“円グラフ”に「数字の概念吹っ飛んだw」

5月20日放送の情報番組『ひるおび!』(TBS系)で紹介された〝トンデモ円グラフ〟が、ネット上で話題になっている。

外出自粛やテレワークの導入などで、お昼のワイドショーを見る人も増加しているであろう今日この頃。同番組では、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言について、政府が、東京など首都圏の1都3県と北海道を除く府県を解除することを特集。『朝日新聞』の世論調査を引用し、この決定を下した #安倍晋三 首相に対する「支持」「不支持」を〝円グラフ〟にて図解したのだが…。

「結果は、『支持する』が33%、『支持しない』が47%、その他が20%という配分。しかし、色分けされた円グラフを見ると、『支持しない』の色が半分以上を占めています。おそらく、『その他』の20%を〝2%〟と誤って入力したため、33+47+2の〝82分率〟になってしまい、このヘンテコなグラフが作られてしまったようです」(テレビ誌ライター)

 

「印象操作にしても雑過ぎる」

ネット上では、あってはならないミスに対し、

《数字の概念が吹っ飛んだなw 47%は50%以上なんだww》

《グラフの意味がないよね》

《作ったやつの願望が無意識のうちに具現化されてしまったんだな》

《視聴者バカにしてますなぁw》

《頭がおかしくなりそうな円グラフ》

《印象操作にしても雑過ぎる》

などと、ツッコミを入れる声が続出している。

「つい先日19日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でも捏造が話題に。5月17日の映像として混雑する原宿・竹下通りの様子を放送したのですが、その映像に映っていた人々の服装が冬仕様だったことや、『マクドナルド』の期間限定商品『てりたま』の看板があったため、3月の映像だとバレたのです。番組ではミスを認めて謝罪をしていますが、もはや『テレビは信じられない』といった声も上がっていますね」(前出のテレビ誌ライター)

ネットがなければ大事にならなかった捏造の数々。テレビだけを鵜呑みにするのは危険極まりないと言えるだろう。

 

【画像】

ra2 studio / Shutterstock

#ひるおび #数字 #情報番組 #TBS #バイキング

『ひるおび』捏造!? 奇妙な“円グラフ”に「数字の概念吹っ飛んだw」