せいや、“第7世代”に続く新語考案も…「この番組なんやねん」まさかの展開にスタジオ爆笑

5月14日(木)、 #霜降り明星 (せいや、粗品)がMCを務める『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)が放送されました。

出典: @shimovara

せいやが提唱したとされる“お笑い第7世代”に続き、“冷めウマ”も絶対にヒットワードになると豪語するせいやの仕切りで、今回の企画はスタート。

ゲストに #三浦マイルド 、コロコロチキチキペッパーズ・ #ナダル 、料理研究家・ #浜内千波 を迎え、せいやがこれぞ“冷めウマ”だと推す料理を試食。2人以上が“美味しい”と判定したら“冷めウマグルメ”に認定されるというルールのもと、4品を評価していきました。

厳しい判定に「テセウスのせいや」が…?

1品目の“冷めウマ”はフライドポテト。せいやが妹の分まで食べてしまわないように、家族がフライドポテトをベランダに隠すようになった結果、4時間冷ました状態が一番美味しいことを発見したというエピソードを紹介。しかし、試食した全員から“まずい”の判定が下されてしまいます。

続いての“冷めウマ”はチキンライス。なんとか“美味しい”判定がほしいせいやは、食べる前に「冷めウマま〜す!」と言ってから食べることを提案します。その効果もあってか、なんと三浦とナダルの2人から“美味しい”判定が。

出典: @shimovara

一方、プロの料理研究家・浜内は「もうちょっと温度が高い方が旨味が出る」と厳しい評価。せいやは「先生も間違ってる」と反論しますが、改めて冷めたチキンライスを口にした浜内は、“×”の札を掲げます。

すると、調理器具を手にしたせいやが、先生に向かって“犯人顔”を披露。粗品が「『テセウス(の船)』のときのせいやになってる」とツッコむと、せいやは「うるせぇ!」と迫力の表情を見せました。

捨て身のアピールも「ハゲのフリすな」

出典: @shimovara

3品目のたこ焼きで、再び全員から“まずい”判定を受けたせいやは、「冷めてる方が美味しいのではなく、冷めてるとまた違った美味しさがあるのが冷めウマ」だと主張します。「チンしたほうが美味しいという発想を捨ててほしい」と、“ハゲいじり”が大嫌いなせいやがおでこを全開にして必死のアピール。すると、三浦が「こんなん全然ハゲてない」「ハゲのフリすな」と反論する場面も。

一方、せいやのアピールもむなしく、最後の料理であるハンバーガーも4人とも“×”という結果に。4品中3品が全員に“まずい”認定をされる展開に、せいやは「この番組なんやねん」とコメントし、スタジオの笑いを誘っていました。

また、せいやは“冷めウマ”自体を諦めてはおらず、番組の最後で「じゃあ第2弾だ」と、審査員を変えての第2弾の収録に意気込んでいる姿も見せました。

#せいや #新語 #ウマ #料理 #霜降り明星

せいや、“第7世代”に続く新語考案も…「この番組なんやねん」まさかの展開にスタジオ爆笑