イスラム過激思想にのめり込む少年の再生の物語

『息子のまなざし』『サンドラの週末』等の作品で知られるベルギーの巨匠、ダルデンヌ兄弟の最新作『その手に触れるまで』が近日公開される。常に社会の歪みの中で生きる人々に視線を向け、映画の中に映し出してきた二人。最新作でもその妥協なき姿勢は変わらない。主人公は、イスラム過激思想にのめり込む13歳の少年アメッド。イスラム教指導者に感化されたアメッドは、かつては慕っていた学校の教師に敵意を向け、やがて暴力という手段へとひた走る。映画は、狂信者となった一人の少年の葛藤と痛みをスリリングに描く。

(*この記事には、映画『その手に触れるまで』の結末に触れる内容が含まれています)

Jean-Pierre & Luc Dardenne © Christine Plenus

少年はいかにして狂信から抜け出ることができるのか

——イスラム過激派に傾倒した少年の犯罪というとても難しいテーマに挑まれたことに驚きました。この物語が生まれた背景には、やはり2016年にベルギーで起きた連続テロ事件があるのでしょうか?

ジャン=ピエール 一連の事件が後押しになったのはたしかです。映画を作るうえで常に考えているのは、我々が今生きている世界がどうなっているかということ。この映画に登場したような #少年少女 たちがヨーロッパで生まれ育ち、ときに宗教を理由に人を殺したりする。彼らは、自分たちが信じる教えとは違う不浄さ、汚れがあるというだけで人を排除できると考えている。そういう狂信化した人たちが今たしかに存在しているのです。私たちは、彼らがいかにそこから抜け出ることができるか、そもそも抜け出させることは可能なのか、それを物語の中で描きたいと考えました。

——観客は、映画の始まり当初からアメッドがすでに過激思想にはまりこんでいることを知るわけですが、彼が思想に傾倒していく過程を描くつもりは当初からなかったのでしょうか。

リュック ええ、アメッドが過激化する過程を描こうとはまったく思いませんでした。そうした映画はすでに何本も作られていましたから。興味があったのは、少年はいかにして狂信から抜け出ることができるのか。映画では、母親をはじめ様々な登場人物が彼を助け出そうと試みますが、結局何の効果ももたらしません。それだけ狂信とは根深いものなのです。彼が初めて変われたのは、自分自身が死に直面したときです。

——彼の変わっていく姿を描くことが何より重要だったということですか。

リュック そのとおり。変わることはとても難しかったけれど、最後のシーンでようやくその瞬間が訪れます。それまで触れたくもないと思っていた人の手に触れる。彼はそこで赦しをも求めているわけです。死にまっしぐらだった考えが変わり、元の人生を取り戻そうとしている。アメッドはようやく元の子供に戻ったわけです。

この映画は決してイスラム教全体を非難しているわけではない

——イスラム教の過激思想に染まった移民三世の少年の物語を描くことは、とてもデリケートな問題をはらんでいますね。ステレオタイプなイメージにつながる危険性もありますし、映画の公開後、否定的な反応も寄せられたのではないでしょうか。そうした問題とはどのように向き合いましたか。

ジャン=ピエール 質問に答える前に、先ほどの話に少し詳細を付け加えておきます。アメッドはほとんど子供といえる年齢です。もしアメッドがもっと年齢の高い青年や大人であったら、この物語は成立しなかったと思います。不幸にも現実がそれを証明しているからです。こうしたテロの犯行に走った人々の多くは20歳以上で、結局彼らは後戻りすることはできなかった。子供でなければ、狂信から抜け出させることはほぼ不可能なのです。

 質問についてですが、私たちはプロモーション活動とは別に、学校などで上映会をしばしば行い、そのあとに討論会をしています。ほとんどの生徒がムスリムである学校でこの映画を見せたとき、最初はやはり彼らと私たちの間に緊張感がありました。私たちがイスラム教を非難しているのではないか、自分たちを悪者扱いしているのではないかと彼らは思っていたのです。でも私たちが撮ったこの映画は決してイスラム教全体を非難しているわけではないし、一つの解釈のみを描いているにすぎません。実際に映画を見てもらうと、最初は警戒していた生徒たちもその意図をよく理解してくれたようです。様々な意見が飛び出し、とても有意義な議論が生まれました。

——劇中では、イスラム教の習慣やアメッドが収監される少年院での細かいルールも丁寧に描かれていましたが、どのようなリサーチを行ったのでしょうか。

ジャン=ピエール 私たち自身は、実際にこうした過激化した人々には会えません。彼らは刑務所に入っていますから。その代わり、私たちの知り合いに、ブリュッセルに住んでいるアルジェリア出身の警官がいて、彼やその家族からいろんな話を聞くことができた。彼は仕事柄こうした狂信化した人々にたくさん会っていたので、とても興味深い話をしてくれました。あとは自分たちでインターネットなどを使って調べたり、こうした事件を扱う判事から話を聞いたりもしました。

 少年院の教育官や判事、学校の教師や心理士など、映画に登場する職業の人々すべてに会い話を聞きました。またイスラム教についても勉強が必要でした。私たちは決してイスラム教に詳しくはなかったし、コーランや儀式、体を清める禊ぎや祈りの方法など、知るべきことは山のようにありましたから。助けになってくれたのは、イスラム教の先生をしている友人です。禊ぎや祈りのシーンでは必ず現場に来てもらい、間違った描写がないか指導してもらいました。宗教に関する演出に関しては、彼の存在が何より大きかったと思います。

初めて演技をする俳優を撮ることはひとつの喜び

——本作では新人のイディル・ベン・アディを起用していますが、前作『午後8時の訪問者』、前々作『サンドラの週末』では、アデル・エネルやマリオン・コティヤールといったフランスの著名な女優たちと作品を作っていますね。経験豊かな俳優と演技経験のない新人とで、仕事をするときに、何か違いは意識されていますか?

リュック アメッド役のイディル・ベン・アディはこれが初めての演技経験となりました。映画の作り手としては、初めて演技をする俳優を撮ることはひとつの喜びでもあります。私たちのカメラを通して彼らを見出すことができるわけですから。

 演技経験のある俳優とアマチュアの俳優たちの違いというのは本質的にはほぼないと言えます。私たちの場合、普通の撮影に入る前にだいたい1か月から1か月半くらいのリハーサルを行います。それだけ長い時間をかけるのは珍しいことかもしれません。経験豊富な俳優も初めて演技をする俳優もみな同じように、すべてのシーンをリハーサルします。そこには何の区別もありません。ただし俳優というのはたいてい、ここはこうしたいとかこうしたらどうか、という提案を自らするものですが、新人や演技未経験者は提案の数が少ない。ですから私たちのほうから、こういうふうにしようと教えることが多くなる。また俳優経験のない人たちはふだんの自分の生活態度がなかなか抜けないものです。人は話をするときに手を動かしたり、自分なりの癖を必ず持っていますが、それを演技の中で延々とやられると困ってしまう。だからそういう癖や普段の生活の中での自分はなるべく取り除いてもらう必要がある。経験豊富な俳優の場合は逆です。みな演技における技術を持っているのですが、映像に乗った際にその技術がこれみよがしにならないよう気をつける必要があります。その段階が済めば、あとはプロもアマも関係なく、まったく同じやり方でリハーサルを続けます。

——本作では、最初から演技経験のない少年を起用しようと考えていたのでしょうか。

リュック 子役を起用するという考えはありませんでした。ベルギーの場合、映画業界がそこまで大きくはないので、子供を集めてキャスティングする場合はほぼ演技経験がないのが普通なのです。

私たちはまるで母親のような気持ちでアメッドを見つめていた

——お二人の映画ではカメラはいつも人物のすぐ近くにあり、その姿を間近で追いかけ続けていますね。多くの登場人物が登場するドラマではなく、少人数の人物に寄り添う作品を作り続けるのはなぜでしょうか?

ジャン=ピエール たしかに私たちの映画は一人の主人公の動きを追っていくことが多いですね。主人公はいつも孤独の中にいて、そこからどう抜け出すのかを描いている。でも自らその方法を選んでいるというより、世の中で起きていることがそうさせると言った方がいいでしょう。それに自分たちが作れるタイプの映画を作っているだけとも言えます。この映画でアメッドは逃げ続けています。母親の手からすらも逃れ、私たちの理解を超えるところへとどんどん逃げていく。だからカメラは常に彼を追いかけ、その顔をクローズアップで映さなければならなかった。私たちはまるで母親のような気持ちでアメッドを見つめていたわけです。

——映画のラストに、実に素晴らしい瞬間が訪れますね。そこでもカメラは彼の顔や手から遠ざかることはせず、最後までじっとアメッドの近くに寄り添っています。こうしたカメラの位置や動きはどのように決められているのでしょう。

リュック 最後の転落のシーンでは、武器にしたピトン(鉄釘)を手に持ったアメッドが、その武器を使い今度は助けを呼ぼうとします。その間に数分の間がありますが、これは絶対に必要な時間でした。狂信という殻を捨て新しく生まれ変わるまでのその数分間が、アメッドには必要だったのです。そうしたことを考えたうえで、このシーンの長さやリズムを決めていきました。実際にどこにカメラを置くかは、リハーサルの段階で決める部分が大きいですね。本編に使うわけではありませんが、リハーサルでも一応全部のシーンを撮影しているので、そこで俳優たちの様子も見ながらだいたいの位置や動きを決めていきます。もちろん脚本の段階でもだいたいのことは決めているし、撮影中に変えることもあります。でもやはりリハーサルでの決定が一番大きいと思います。

Jean-Pierre & Luc Dardenne/兄ジャン=ピエール(左)は1951年に、弟リュックは1954年にベルギーで生まれる。兄弟で映画製作を始め、『ロゼッタ』と『ある子供』で二度のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞を果たす。

INFORMATION

『その手に触れるまで』
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか近日公開
http://bitters.co.jp/sonoteni/

(月永 理絵/週刊文春 2020年5月28日号)

#イスラム #最新作 #息子 #ベルギー #主人公

イスラム過激思想にのめり込む少年の再生の物語