電撃引退の渡辺麻友復帰は?周囲期待も本人意志固く

#AKB48 で女優の #渡辺麻友 (26)が1日、芸能界引退を電撃発表した。数年にわたって体調が優れず、「健康上の理由で」引退を決意。先月末で所属事務所「プロダクション尾木」との契約を終了し、芸能活動にも終止符を打った。 #前田敦子 (28) #大島優子 (31)らとともにAKB48の元祖「神7(セブン)」の1人だが、神7で芸能界を引退するメンバーは初めてとなる。
   ◇   ◇   ◇
まゆゆの決断に、業界やファンに衝撃が走った。この日昼、所属事務所が渡辺の5月末での同社退社と引退を報告した。「このたび、渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました。健康上の理由でしたので体のことを最優先に考え、本人の意思を尊重し契約を終了し、芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」。
渡辺は午後5時、ツイッターを半年ぶりに更新。「私事ではありますが5月31日付で長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました。これまで関わってくださった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と引退を報告した。
この日の発表では、数年にわたって体調が優れなかったことも明らかになった。昨年夏に、NHK連続テレビ小説「 #なつぞら 」の撮影を終えると、9月のファンクラブ閉鎖前に、イベントを開催。昨年末まで、CMスポンサーのイベント出演などは行っていたが、SNSの更新も、年末と年明けの「今年も一年ありがとうございました」「あけおめ」のメッセージ以来途絶え、2月のTBS系「UTAGE!」の特番出演も、体調不良で出演を見送るなど、事実上、休養に入っている状態だった。
17年末にAKB48を卒業し、女優として着実にステップアップ、今後の期待も高まる中での「引退」の決断。周囲の評価も高く、気鋭の舞台演出家からも熱視線を送られるなど、出演の依頼は多かったという。「今すぐではなく、いつか本人の体調が戻ったら、復帰の可能性はある」と指摘する関係者もいるなど、引退を惜しむ声は多いが、親しい関係者によると、渡辺本人の意志は固いという。
06年に、当時12歳(中1)でAKB48に加入し、芸能界の荒波に飛び込んで約14年。ほぼ休みなく、“超”が付くほどの正統派アイドルとして、徹底してノースキャンダルを貫いた。シングルのセンターを務めること6回、選抜総選挙でも14年の1位をはじめ、出場9回で唯一すべてトップ5入りするなど、グループの顔としてけん引してきた。
最後のあいさつは「世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけください」。コロナ禍で未曽有の状況の中での発表にも、最後までファンや周囲を思った。
◆神7(かみセブン) AKB48のファン用語として派生した造語。09年の第1回、10年の第2回の選抜総選挙で1位から7位のメンバーが前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜で変わらず、群を抜く人気だったことから、自然と神7(かみなな)と呼ばれるようになり、その後のテレビバラエティー番組が紹介する際に、より語呂の良い「かみセブン」と表現し始め定着していった。
<おもな活動>
▼06年12月 AKB48の3期生オーディションに合格
▼07年4月 劇場デビュー
▼同7月 シングル「BINGO!」で初選抜
▼09年1月 「渡り廊下走り隊」でユニットデビュー
▼同7月 第1回選抜総選挙で4位
▼10年6月 第2回選抜総選挙で5位
▼11年5月 初写真集「まゆゆ」発売
▼同6月 第3回選抜総選挙で5位
▼12年1月 テレビ東京系「さばドル」でドラマ初主演
▼同2月 「シンクロときめき」でソロ歌手デビュー
▼同6月 第4回選抜総選挙で2位
▼同8月 ユニット「NO NAME」デビュー
▼13年2月 AKB48のシングル「So long!」で初センター
▼同6月 第5回選抜総選挙で3位
▼14年5月 シングル「ラブラドール・レトリバー」センター
▼同6月 第6回選抜総選挙で初の1位
▼同8月 シングル「心のプラカード」でセンター
▼同11月 シングル「希望的リフレイン」で宮脇咲良とダブルセンター
▼15年4月 フジテレビ系ドラマ「戦う! 書店ガール」で主演
▼同6月 第7回選抜総選挙で3位
▼16年6月 第8回選抜総選挙で2位
▼同10月 写真集「知らないうちに」発売
▼17年4月 デビュー10周年公演
▼同5月 テレビ朝日系ドラマ「サヨナラ、えなりくん」主演
▼同6月 第9回選抜総選挙2位、グループ卒業を発表
▼同10月 さいたまスーパーアリーナで卒業コンサート
▼同11月 シングル「11月のアンクレット」センター
▼同12月 AKB48劇場で卒業公演、NHK紅白歌合戦でラストステージ
▼18年5月 ミュージカル「アメリ」舞台初主演
▼同8月 フジテレビ系ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」主演
▼19年6月 NHK連続テレビ小説「なつぞら」出演

#引退 #渡辺麻友 #復帰 #AKB48 #芸能界

電撃引退の渡辺麻友復帰は?周囲期待も本人意志固く