“千両役者”近藤誠一のスーパーセーブ 大ピンチで当たり牌止めにファン「神回避」「鳥肌立った」と騒然/麻雀・Mリーグ

 レギュラーシーズン4着回避率No.1。負けない男、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が、驚愕の当たり牌ビタ止めでファンを震撼させた。

 そのドラマは、Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ6月16日の1回戦、南4局で起きた。トップ目だった渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)と2着目だった近藤とは1600点差。2000点アガればトップになれる近藤の配牌は白と發がトイツだった。
 近藤は4巡目に發をポン、6巡目に白を暗刻にして、7巡目にペン7索をチー。残ったターツは二・三・七・九万とイーシャンテンではあったが、どこからアガっても逆転トップ条件は整えた。
 僅差の日向もアガリに向かい、タンヤオ仕掛けで近藤が欲しい八万をポン。そんなせめぎ合いの中、12巡目に1万7400点持ちの3着目だったU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)がツモリ四暗刻のテンパイを入れた。瑞原の待ち牌は1索と9筒。その同順、近藤がツモってきたのはなんと1索だった。
 1索は2巡目に近藤自身が切っていた牌でもあり、残っているターツから手牌でも使えない。近藤が1索を切れば、瑞原のトイトイ・三暗刻・ドラ3が炸裂し、跳満1万2000点の放銃となるため、逆転トップどころか瑞原にまくられてしまう絶体絶命の場面。

 解説のKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)も「1索打っちゃうでしょ。跳満だ」と言った瞬間、近藤が平然と切った牌は九万だった。この選択には、実況の松嶋桃(協会)も「八万がポンされているとはいえ、近藤の神回避」と驚嘆した。
 確かに雀頭のないイーシャンテンではあったため、アガリを目指して河の状況から1索、七万、九万の中から雀頭候補になる牌を模索した結果と受け取ることも出来るが、近藤自身が2巡目に1索を切っていただけに、まるで瑞原の四暗刻テンパイが見えているかのような打牌選択となり「異次元の守り」「誠一さん恐ろしいわ」「鳥肌立った」「この局は伝説になる」とファンも騒然となった。
 この局は、瑞原が日向のタンヤオ・赤に放銃という形で終わったが、佐々木も「瑞原さんも見せましたよね。しかし近藤さんもよく止まりましたよね。僕は間違いなく振り込んでましたね」とその危機察知能力に舌を巻いた。
 試合は南4局2本場で決着がつき、日向がトップ、近藤は2着フィニッシュとなった。だがレギュラーシーズン放銃率0.06%という最も放銃しない男の千両役者ぶりは、ファイナルステージでも健在だった。【福山純生(雀聖アワー)】
【1回戦結果】
1位 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)4万3600点/+65.6
2位 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)3万6700点/+16.7
3位 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)1万1900点/▲28.1
4位 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)5800点/▲54.2
※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会
◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

#スーパー #セーブ #鳥肌 #麻雀 #ドラマ

“千両役者”近藤誠一のスーパーセーブ 大ピンチで当たり牌止めにファン「神回避」「鳥肌立った」と騒然/麻雀・Mリーグ