ショートフィルムの祭典が開幕! 剛力彩芽、主演作を引っ提げ和装で登場「新しい挑戦をさせていただきました」

米国アカデミー賞公認の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2020」(SSFF&ASIA)が9月16日(水)に開幕。都内でオープニングセレモニーが開催され、同映画祭のプロジェクトで事務所独立後、 #剛力彩芽 らが来場した。

コロナ禍の中、同映画祭は当初の6月の開催予定から延期を経て開幕なった。

剛力彩芽、短い期間で3作品を撮影「新しい挑戦」

剛力さんは、3人のクリエイターたちが剛力さんを主演にそれぞれショートムービーを制作する「クリエイターズ支援プロジェクト」に参加。この日、初めて予告編が公開されたが、3本の作品で剛力さんは、有名女優と、マスクをしていたことで彼女と間違われるマスク依存症の女、ダンスの先生でもある妊婦、そして男から逃げてきた女を演じており、傷だらけの姿や妊婦姿、出産シーンなども見られる。

和装姿で登場した剛力さんは、MCを務める同映画祭代表の別所哲也から「決意を感じます」と指摘されると笑顔でうなずき「18歳で『本格的に女優をやっていこう』と決意して、ちょうど10年になります。役者として成長できたら」と語った。撮影を振り返り「短い期間で3作を撮ったのでキャラクターを変えられるか不安があったんですが、事前に打ち合わせをして、スッと入ることができました」と述懐。「新しい挑戦をさせていただきました!」と言葉に力を込めた。

#要潤#奥菜恵 、初の夫婦役「リラックスして演じられた」
住宅ローン専門金融機関「アルヒ」の制作によるARUHIアワード大賞作品「おたんじょうびおめでとう」に出演する要潤と奥菜恵も舞台挨拶に登壇。一軒家に引っ越す幸せな一家の父親を演じた要さんは「日常で見逃しがちな、でも共感できる感情を切り取った脚本で感動しました」と語る。別所さんからは、本作で「ベストファーザー賞を狙えるのでは?」という指摘も! 要さんは「来ますかねぇ…?」と笑顔を見せていた。

妻役を演じた奥菜さんは、要さんとの共演に「何度も共演はしてますが夫婦役は初めてで、でも明るくマイペースで優しく、現場を和ませてくださって、安心してリラックスして演じられました」と笑顔で語っていた。

#白濱亜嵐 、テーマソングについて「僕たちは離れてても心は一つ」
このほか、第5回BOOK SHORTアワード受賞作によるショートフィルム「シャフリヤールの昼と夜」に出演する #福田麻由子 、田畑志真、新設されたミュージカルショートフィルムの企画コンペのプレゼンターとしてソニンらが登壇。

また、映画祭のナビゲーターを務めるGENERATIONS from EXILE TRIBEからは白濱亜嵐がリモートで出演。映画祭のテーマソング「You&I」について、白濱さんは本作のテーマを「僕たちは離れてても心は一つ」と説明し「あなたにとっての“You”——家族、恋人、友達をこういう時期だからこそ思い出してほしいなとこのテーマ掲げさせていただきました」と語った。既にナビゲーターとしていくつものショートフィルムを鑑賞しているようで「今回、すごいです。豪華すぎて、自宅で見ていても時間が経つのが早すぎて…」と出品作品の質の高さを称賛していた。

映画祭は9月26日まで開催され、俳優、監督として活躍する斎藤工(※監督名義は齊藤工)が参加する「2020年、齊藤工。仲間たちとの新たなる挑戦」などをはじめ、オンラインでも様々な企画が展開。オフィシャルコンペティション部門の受賞作は、翌年の米国アカデミー賞短編実写部門への道が切り拓かれる。

#剛力彩芽 #ショート #挑戦 #主演 #アカデミー賞

ショートフィルムの祭典が開幕! 剛力彩芽、主演作を引っ提げ和装で登場「新しい挑戦をさせていただきました」