国際短編映画祭『SSFF&ASIA 2020』開幕 別所哲也「世界中の方々とつながれる」

 米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)2020』のオープニングセレモニーが16日、東京・明治神宮会館で開催された。

 同映画祭は、米国俳優協会の会員でもある俳優・別所哲也が、ショートフィルムを日本に紹介したいという思いから、1999年に『アメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル』として創立。04年に米国アカデミー賞公認の映画祭に認定され、同年から現在の名称となった。今年はきょう16日から27日までをメイン日程に、オンライン会場での展開を拡充して行われる。

 この日は、日本人監督を応援すべく『クリエイターズ支援プロジェクト』に参画した #剛力彩芽 、ショートフィルム『おたんじょうびおめでとう』に出演する #要潤#奥菜恵 らが現地にかけつけ、映画祭のナビゲーター・GENERATIONS from EXILE TRIBEの #白濱亜嵐 がリモートで出席した。

 別所は「さまざまな作品やプロジェクト、トークイベントがあります。本当だったらたくさんのお客さんがいるところでしたが、工夫をすれば世界中の方々とつながれるはずです」とコロナ禍での開催も、前を向いた。

#別所哲也 #世界 #ショート #アジア #アカデミー賞

国際短編映画祭『SSFF&ASIA 2020』開幕 別所哲也「世界中の方々とつながれる」