ワンエン2回目の配信ライブ開催! 元PRIZMAXメンバーによる弟分グループも初披露

ダンス&ボーカルユニットONE N’ ONLY(ワンエンオンリー / TETTA、REI、EIKU、HAYATO、KENSHIN、NAOYA)が23日、2回目となるオンラインライブ「1N’ 2N’ ONE N’ ONLY!! 〜Special Live〜」の配信を行った。

今回も前回同様ライブハウスでの無観客ライブを行い、パワフルかつワールドトレンドを感じさせる洗練されたサウンドのダンスチューン「I’M SWAG」「Dark Knight」「LA DI DA」「POP! POP!」、爽やかなメロディの「My Love」、エモーショナルな「Bla Bla Bla」など鮮やかなフォーメーションダンスと共に全13曲を披露した。

“社会に対して問いかけをしたい”という強い想いでメンバー自身も携わった「Shut Up! BREAKER」では、彼らの想いが詰まった歌詞に様々な演出を施し、ダンスや歌と融合させたステージを展開。楽曲の世界観やメッセージ性を視覚的により強く伝えるようなパフォーマンスを披露。

この日は今年3月に解散をしたPRIZMAXの元メンバーである小川史記・ケビン・森英寿を中心とした新たなダンス&ボーカルグループ「BUDDiiS(バディーズ)」も参加。ONE N‘ ONLYの「Everything’s Changing」をカバーし、グループ初となるパフォーマンスを披露した。
BUDDiiS のパフォーマンスを観たONE N’ ONLYのメンバーたちも、後のMCで「新たな仲間が出来た」「(自分たちの)弟分」など嬉しそうな様子を見せていた。

MCパートではSNSに寄せられたオーディエンスのコメントを読み上げてコミュニケーションを取りつつ、個性豊かなメンバーによる和気あいあいとしたトークが展開された。

10月14日に配信リリースとなる新曲「JUST LIKE ME」についてのMCでは、TETTAが誤った日本語訳を口にしてしまったタイミングで、配信により生じていたタイムラグが解消。TETTAに対して、オーディエンスからSNSを通じてリアルタイムのツッコミが起こる事態が発生し、急に配信の調子が良くなった事に慌てながらも「(自分を)いじめないで!」とおちゃめにオーディエンスへ呼びかける姿を見せ、笑いを誘った。

また配信ライブを再び開催できた喜びについても度々触れ、「皆さんが観てくれて、1回目を盛り上げてくれたからこそ2回目ができた。とても嬉しい事。ありがとうございます」とオーディエンスへの感謝の気持ちを口にしていた。

ラストのMCでは「やりきった! 最高のオンラインライブになりました」とライブへの手ごたえを見せつつ「直接会えないけど、画面越しに皆さんに会えて嬉しかった。1日でも早くこの状況が良くなるよう願いつつ、また会場で皆さんと会える時まで、一緒に頑張っていきましょう」と呼びかけた。

この言葉を受けてオーディエンスもSNSを通じて様々なコメントを寄せており、それらを観たメンバーたちも「リアルタイムでみんなの声が聴けて良いね」(HAYATO)、「ここのコメントは、いつもライブを観終わった直後のみんなの気持ちなんだね」(NAOYA)と噛み締めるように口にし、ファンとメンバーの双方がオンラインを通じて心を通わせている様子を見てとる事ができた。
○HAYATO メッセージ

今回は2回目のオンラインライブだったので前回よりも演出にこだわったり客席をステージとして使ったりオンラインならではのライブを作りました
そして新曲のBreatheとJUST LIKE MEも披露できてみんなを驚かすことができたのではないかなと思います!
画面越しでしたがみんなのコメントでSWAGの愛を感じることができました。はやく直接SWAGのみんなに会いたいです!
これからも一緒にいろんな景色を見ましょう! 今日はありがとうございました!

○セットリスト

M1.I’M SWAG
M2.Dark Knight
M3.Breathe
M4.Don’t worry
M5.LA DI DA
M6.Everything’s Changing(カバー)/ BUDDiiS
M7.POP! POP!
M8.JUST LIKE ME
M9.Shut Up! BREAKER
M10.HOLIDAY
M11.My Love
En1.Bla Bla Bla
En2.Category

#メンバー #ダンス #ライブハウス #無観客 #ワールド

ワンエン2回目の配信ライブ開催! 元PRIZMAXメンバーによる弟分グループも初披露