橋本環奈、佐藤大樹への全力ビンタは「痛そうにしてました」

#EXILE /FANTASTICSの #佐藤大樹 と女優の #橋本環奈 が28日、都内で行われた映画『小説の神様 君としか描けない物語』公開直前イベントに出席。今作で初共演となった佐藤大樹と橋本が撮影時のエピソードを明かした。 本作は、作家・相沢沙呼による人気小説『小説の神様』(講談社タイガ刊)を映画化した青春ストーリー。ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本)という真逆の2人が、“一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションを課せられ、反発し合いながらも物語を作り始める。

 イベントには共演の #佐藤流司 、杏花、莉子、坂口涼太郎、 #片岡愛之助 と久保茂昭監督も出席した。

 佐藤大樹は、本作で初共演となった橋本について「橋本さんは他の作品でもツンツンしていたり怒鳴るキャラクターというイメージがあったので、そういう方なのかなと思っていた」という。実際に会った印象については「初めてお会いしたときに、コンビニ袋1枚くらいの荷物で来ていて、こんなに物腰の柔らかくてフランクに話してくれる女優さんいないなと思って、会った瞬間に国民的に愛されている理由がわかりました」と評した。

 劇中で、橋本からビンタをされるシーンにも触れ「久保監督に、台本上、当初書いてあった数よりビンタの数をめちゃくちゃ増やされた」と暴露。橋本は「『全然痛くないから』って言ってくださってたんですよ。やりやすいように。だから1発でOKにしようと思って渾身の力を振り絞ってやりましたね。そしたらたぶん痛そうにしてました(笑)」と振り返った。

 また、本作が映画初出演となる莉子は、佐藤大樹演じる千谷一也の妹役。「佐藤さんが気さくにしゃべりかけてくださったりして、私は実際にはひとりっ子なんですけど、お兄ちゃんがいたら佐藤さんみたいなお兄ちゃんが欲しいなと思うくらいコミュニケーションを大切にしてくださった」と感謝を口にすると、佐藤は「コメントが完璧すぎて、僕の株が爆上がりですね!」と喜び、笑いを誘っていた。

 映画『小説の神様 君としか描けない物語』は10月2日より全国公開。

#佐藤大樹 #橋本環奈 #小説 #小説家 #EXILE

橋本環奈、佐藤大樹への全力ビンタは「痛そうにしてました」