福山雅治『TWICE』にパンツをあげて炎上!「セクハラ」「気持ち悪い」

〝下ネタも話しちゃうイケメン〟として男に媚びながら、歌手・俳優にも勤しむマルチタレントの #福山雅治 。またも男に媚びたような彼のゲスエピソードが、ついに「気持ち悪い」「セクハラしてるだけ」と正論を浴びてしまった。

11月13日、福山は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にメインゲストとして出演。デビュー30周年を記念したVTRが流されるなど、大御所らしく歓迎を受ける。トークコーナーでは、韓国からリモート出演した日韓合同グループの『 #TWICE 』モモが、2年前の同番組で福山と共演した際のエピソードを告白した。

なんと、モモは「放送後、1人1人にパンツをプレゼントしていただいて。すごくびっくりしたのを驚いています」と、福山が自身の下着を配っていたという変態エピソードを明かしたのだ。

福山は「迷惑なオジさんでしたね。

ごめんなさいね、本当に」とおどけながらも、「必要であれば送りますんで、また」と悪ノリ。モモは社交辞令で「嬉しかったです」と語っていたが、ツウィやチェヨンといったメンバーは、明らかに冷たく引きつった表情を浮かべていた。

テレ朝マスコットも「セクハラ」だとチクリ?

視聴者からも、

《キモすぎる。50代のおっさんが許される訳ないだろ》

《TWICEにパンツをプレゼントした事を嬉々として話しちゃうのおっさん過ぎて吐きそう》

《おっさんが若い子にセクハラしてるだけじゃん》

《昔のテレビみたいに、下着とか性的な物を公に出すバカ殿時代は終わってんだよ》

《「セクハラだろ!」と親子で声を揃えて叫びました》

など、福山に批判的な反応が噴出。確かに、30歳近く年上の男性からいきなりパンツをプレゼントされた彼女たちの心境は察するものがあり、炎上もやむない案件だ。

同エピソードが明かされると、テレビ朝日のマスコット・ゴーちゃん。公式ツイッターは《ボクもTWICEさんにパンツあげたいけどなんとかハラになりそうなのでやめとくブイ》と投稿。陽気なテンションではあるが、暗にセクハラにあたる危険性を指摘している。

「必至に若作りをしていますが、福山も所詮は50歳を超えた中年男性。若い子にセクハラをしたがる年代ですし、こうした行為が現代では不適切になってきているという〝価値観のアップデート〟もできていないのでしょう。下ネタを話すことで男に媚びるやり方も、もう限界なのでは。若年層は特にハラスメントを嫌いますから、このままでは、令和の時代に合わないタレントとして先細っていきますよ」(芸能ジャーナリスト)

平成の大スターは、新時代に適応できず消えていくのだろうか。新たな福山雅治に期待したい。

#福山雅治 #セクハラ #TWICE #パンツ #炎上

福山雅治『TWICE』にパンツをあげて炎上!「セクハラ」「気持ち悪い」