みのもんた 酒席でのマイルール明かす「だからハシゴ酒って大事ですよね」

 タレント、 #みのもんた (76)が22日放送の読売テレビ「朝からみのもんた」(日曜前6・30、関西ローカル)に出演し、「お酒」に関するトークを展開した。

 同局・林マオアナウンサー(36)が、お酒の楽しみ方がまだ分からないとこぼした。みのは「お酒ってねぇ」と切り出した。

 人は日常生活で緊張しているとし、「緊張感をちょっと和らげてくれる。弛緩(しかん)するというか緩むというか、その辺を味わうようなことが出来るようになったら、お酒が本当においしく飲める」と、林アナに伝えた。

 「緩んできたな、あぁ開放感があるな」。そのことを自ら感じ、楽しむようになることが大切と説き、「気が付いたら酔っていたっていうのは何にもならない、何のために飲んでいるか分からない。酔うために飲むんですから」と述べた。

 酒席において、マイルールがあるという。「僕は仕事の話は一切しない」と打ち明け、「酒を飲みながら仕事の話って一番バカバカしいから」と付け加えた。

 同僚らと酒を飲む場面、どうしても仕事の話になりがちと挙げ「でも、それはもうダメ」とバッサリ。「だから僕はハシゴ(酒)なんです」と続けた。

 仕事の話になりそうと感じると、「これは良くないな、もう次に。シチュエーションを変えちゃう」と告白し、「だからハシゴ酒って大事ですよね」。みの節全開だった。

#みのもんた #酒席 #タレント #読売テレビ

みのもんた 酒席でのマイルール明かす「だからハシゴ酒って大事ですよね」