近鉄・加藤哲郎が明かした「巨人はロッテより弱い」発言の真相

 福岡ソフトバンクホークスが4連勝で日本一に輝き、2020年のプロ野球日本シリーズが幕を閉じた。一方、第1戦から巨人が連敗を続けたことで、約30年前の「ある発言」がにわかに注目を集めた。

 スポーツジャーナリストの二宮清純氏が、当事者である元近鉄ピッチャーの加藤哲郎氏に真相を直撃した記事を一部抜粋する。

初出:『文藝春秋』2011年11月号「プロ野球 伝説の検証」

猛牛打線vs十二球団一の投手陣

 78年の歴史を誇るプロ野球の中で、日本シリーズで3連敗から4連勝を達成したのは3例しかない。1958年の西鉄、86年の西武、そして89年の巨人だ。

 89年の大逆転劇が前の二つと趣を異にするのは、ひとりの選手の舌禍がその原因をつくったことである。

「巨人はロッテより弱い」

 3連勝直後、そう口にしたと言われるのが近鉄のピッチャー加藤哲郎だ。

ちなみにロッテはこの年のパ・リーグ最下位球団。この発言が打ちひしがれていた巨人ナインの心に怒りの火を灯し、死に馬を走らせたというのが定説になっている。これは果たして事実なのか。当事者たちの証言を元に球史に残る大逆転劇を検証してみたい。

近鉄の仰木彬監督 ©文藝春秋

 巨人対近鉄の日本シリーズは史上初めての顔合わせだった。巨人の監督は藤田元司、近鉄は仰木彬。西鉄が3連敗から4連勝を果たした58年のシリーズ、仰木はセカンドで4勝した全試合にスタメン出場し、V3に貢献した。一方の藤田は先発、リリーフで6試合に登板し、1勝2敗の成績を残した。

 シリーズの見どころは巨人の強力投手陣対近鉄の猛牛打線。十二球団随一のチーム防御率(2・56)を誇る巨人投手陣を、ラルフ・ブライアントを中心とする打線がどう攻略するか。それが勝敗のカギを握ると見られていた。

 第1戦の舞台は近鉄の本拠地・藤井寺球場。予想どおり近鉄、巨人ともにエースをマウンドに送った。近鉄がこの年、19勝をあげていた阿波野秀幸、一方の巨人は20勝の #斎藤雅樹

 初回、近鉄は大石第二朗の先頭打者ホームランで先制する。しかし2回、巨人は岡崎郁の2ランで逆転に成功。4回にも1点を追加し、ゲームを有利に進める。

 しかし、6回、近鉄は鈴木貴久の2ランで3対3の同点に追いつくと、7回、新井宏昌のタイムリーヒットで試合をひっくり返した。斎藤はここでマウンドを降りた。対する阿波野はこのゲームをひとりで投げ抜き、近鉄は4対3で先勝した。

 第2戦は近鉄・山崎慎太郎、巨人・ #桑田真澄 の先発で始まった。試合が動いたのは6回。巨人・駒田徳広が2死満塁のチャンスで先制の2点タイムリーを放つ。

 だが、近鉄も負けてはいない。その裏、2死1、3塁で巨人から移籍した淡口憲治が左中間を破る同点タイムリー二塁打。7回には2死満塁からハーマン・リベラが走者一掃の二塁打を放ち、試合を決めた。6対3で近鉄勝利。

 今回の主人公である加藤は6回のピンチで、このシリーズ、初めてマウンドに上がった。先発の山崎が2点を失い、なお1、3塁。バッターは八番ながら勝負強さには定評のある中尾孝義。3球目、加藤はチェンジアップを投じた。このボールは投手コーチの #権藤博 から教わったもので一見、棒球に映った。しかし、これがミソなのだ。球速はストレートよりやや遅め。ゆえにバッターはタイミングを狂わされる。中尾はショートゴロ。加藤はリリーフの責任を見事に果たした。

肩はボロボロだった

「実はこのシリーズ、僕の肩はボロボロでとても投げられるような状態やなかったんです」

 加藤は意外なセリフを口にした。

「シーズン残り16日で14試合。僕は先発、リリーフでフル回転でした。腕はもう上がらないような状態でシリーズも痛み止めをいっぱい飲んでいた。

 最初はベンチ入りを断ろうと思うてたんです。スコアラーには“無理です。投げられませんから”と言いました。すると、“まぁ、そう言うな。オマエのおかげでここまで来られたんやから、ベンチくらい入って(シリーズの)雰囲気を味わえよ”と。それでベンチ入りだけはしたんですがキャッチボールもできんかった。

 そんな体やから第2戦でベンチから“加藤、行くぞ”と言われた時にはビックリしました。しかし、人間っておかしなもんでね、マウンドに上がると肩のことなんて忘れてしまうんです。アドレナリンが出まくっていたんかな。痛みも消え、カッとなってヤケクソで投げたら抑えてしまったんです」

 翌日、新幹線で東京へ。車内で加藤は仰木に呼ばれる。

「3戦目、行く!」

「わかりました」

 第2戦、リリーフで登板した時点で加藤は腹をくくっていた。

「そりゃ、痛かったですよ。ピッチング練習にもならんかったくらい。でも、2戦目に投げていて、今さら“やっぱり、もう投げられません”とは言えんでしょう。“もうエエわ。アカンかったら代えてくれるやろう”くらいの気持ちでマウンドに上がりました」

 第3戦、東京ドーム。近鉄は加藤、巨人は宮本和知を先発に立てた。

 敵地に乗り込んでも近鉄の勢いは止まらなかった。初回、ブライアントのタイムリー二塁打で先制すると、2回には光山英和の2ランが飛び出し、試合の主導権を握った。

 加藤は肩の不安もものかは、5回1死までノーヒットピッチングを続け、7回途中まで巨人を3安打に封じて勝ち投手になった。3対0で近鉄は3連勝。レギュラーシーズンの天王山(対西武、ダブルヘッダー)をブライアントの劇的な4連発でモノにし、ミラクルと呼ばれた勢いはシリーズに入って、さらに加速しているように見えた。

 巨人の打者の目に、加藤のボールはどう映ったのか。この第3戦以降、クリーンアップを任された岡崎は語る。

「フォーム的には体が突っ込み、手が遅れてくる分、タイミングが取りづらかった。実際の球速以上にボールが速く感じられるピッチャーでした」

 巨人は主砲・ #原辰徳 の不振が誤算だった。初戦から2戦まで10打数ノーヒット。打順も四番から五番、そして第3戦は七番にまで下がった。主砲の表情は青ざめていた。

 試合後のお立ち台に立った加藤はインタビュアーの質問に声を弾ませた。

「(巨人打線は)大したことなかったですね。打たれそうな気はしなかった」

「シーズン中のほうがよっぽどしんどかった。相手も強いし……」

 勝利投手になった高揚感も手伝ってか、刺激的なセリフがポンポンと飛び出した。

「ロッテより弱い」発言の“真相”

 このシリーズ、私は7戦全てを取材している。囲み取材で加藤のセリフを聞いて「大胆不敵な男だなぁ……」との印象を抱きはしたが、「巨人はロッテより弱い」という発言は耳にしていない。

 しかし、翌日の読売新聞(89年10月25日付)には加藤のコメントが次のようなかたちで掲載されたのだ。

〈今の巨人ならロッテの方が強い。このチームに負けたら西武、オリックスに申しわけないよ〉

 朝、この発言を目にした巨人ナインが激怒したのは言うまでもない。加藤はなぜ、あえて人を怒らせるような発言をしたのか。それとも発言自体が“創作”なのか。

 ここは本人に確かめるしかない。

「正直に言います。(囲み取材の際)近鉄担当のある記者が“ところで哲ちゃん、実際のところ、どうなん?”と聞いてきたんです。僕は答えました。“桑田、斎藤、槙原(寛己)、水野(雄仁)……。あれだけ、ええピッチャーがおったら、そりゃ優勝するで”と。“じゃあ、打線は?”と水を向けるもんやから、“ピッチャーはスゴイけど、打線はアカンなぁ”と言うたんです。

 だって、そうやないですか。あの年、巨人で一番打っていたのが(ウォーレン・)クロマティ。3割8分近く(3割7分8厘)打っていた。そこでビデオを観たら、まぁ、アウトコースの低めにチェンジアップさえ投げておけば、センター前かライト前ヒットですむなと。“それやったらとりあえず打たせとこ”と。次のバッターにヒットが出て“1、2塁ですむやろ”と。これは三番の篠塚(利夫)さんも一緒なんです。ヒットはあっても大きいのはない。(ランナーになっても足が遅いので)置き物と一緒ですわ。

 じゃあ、他のバッターはどうか。原さんは調子が悪いし、駒田さんは当たるも八卦みたいなバッター。岡崎さんいうてもシーズン中に3割打っているわけではない。そりゃ、石毛(宏典)さん、辻(発彦)さん、秋山(幸二)さん、清原(和博)、(オレステス・)デストラーデと並ぶ西武のほうがはるかに怖かったですよ。

 そんな話をしているうちに、“(巨人は)ロッテより弱いんちゃうの?”という質問が出た。僕は“そりゃ、ロッテに失礼や”と言うたんです。だって同じリーグでフルシーズン戦ってきた相手に対し、口が裂けてもそんなことは言えへん。あの頃のロッテは4年連続Bクラスではあったけど、(マイク・)ディアズという四番がおり、五番の高沢(秀昭)さんも元気やった。トップバッターは今の監督の西村(徳文)さんで、3割近く打って、盗塁も40〜50個決めていましたからね。また二番にはしぶとい水上(善雄)さんもおって、息が抜けなかった。

 それで、“どっちが怖いか言うたら、ロッテのほうやな”と答えた。それが、“巨人はロッテより弱い”になってしまったんです。だから新聞に出ているようなことは絶対に言っていません。ただ、“まぁ、それに近いことは言うたわなぁ……”とは思っています」

◆ ◆ ◆

 その後の巨人4連勝の内幕やチームメイトの証言など、この記事の全文は『 プロ野球「衝撃の昭和史」 』(文春新書)に収録されています。

(二宮 清純/文藝春秋 2011年11月号)

#近鉄 #巨人 #ロッテ #プロ野球 #福岡ソフトバンクホークス

近鉄・加藤哲郎が明かした「巨人はロッテより弱い」発言の真相