延期の聖林寺展、来年6月から開催

 新型コロナウイルスの影響で開催を延期していた特別展「国宝 聖林寺十一面観音—三輪山信仰のみほとけ」(読売新聞社など主催)の会期が決まった。2021年6月22日から9月12日まで東京国立博物館(東京・上野公園)、2022年2月5日から3月27日まで奈良国立博物館(奈良市)で開催される。本展は文化庁、宮内庁、読売新聞社による「紡ぐプロジェクト」と政府が推進する文化プログラム「日本博」の一環。詳細は展覧会公式サイト(https://tsumugu.yomiuri.co.jp/shorinji2020/)で。

#延期 #読売新聞 #東京 #博物館 #新型コロナウイルス

延期の聖林寺展、来年6月から開催