教育県・富山出身の室井滋と柴田理恵 “おばば”が説いた教訓

 1918(大正7)年に富山県の“おかか”が起こした「米騒動」を基にした映画『大コメ騒動』が現在公開中。コメの価格の高騰に立ち上がった「おかか=母たち」の姿を描く同作では、富山出身の本木克英監督を筆頭に、富山ゆかりのキャストが集結した。おかかたちのリーダー・清んさのおばばを演じる #室井滋 さん、おかかと対立する米商店の女将・とみを演じる左時枝、妹・きみ役の #柴田理恵 さんはいずれも富山県出身。さらに #立川志の輔#西村まさ彦 、内浦純一といった富山県出身者たちも出演する。そこで、今回は本木監督、室井さん、柴田さんの3人の富山県人が集まり、富山について語り合ってもらった。

柴田:富山らしいといえば、清んさのおばば。あれはおばばが偉いんですよ。布団で死んだふりなんかして、おかかたちがこれからは自分たちがしっかりしなきゃいかんと団結して飛び出した途端に、にやりと目を開けて金歯を“キラ〜ン”とさせて。

室井:あれは自分でもおかしかった。

〈劇中、おかかたちが大挙して米商店へ押しかけたことで見せしめに清んさのおばばが投獄されてしまう。おばばは牢屋で抵抗を続けるも次第に衰弱し、リーダーを失ったおかかたちの結束は次第に緩んでいく……。そんな中おばばが釈放され、おかかたちは床に伏して“死にかけた”おばばを囲んで決起集会を開き、再び立ち上がる〉

柴田:リーダー格のおばばはみんなをまとめるために、ああやって知恵を働かせる。あの感じ、よくわかるなぁ。で、後になっておばばは偉いもんだねと、みんな言うんです。

室井:おばばは偉大なのよ。ウチの祖母も孫娘に格言とまでは言わないけれど、「悪いことがあったら落ち込むのではなく、厄落としできたと思いなさい」など教訓的なことを、よく説いてくれましたね。子供の頃はどういう意味なんだろうと思ったけれど、忘れない。大人になったいまでも何かにつけ、祖母の言葉を思い出します。そういう役割が富山のおばばにはあるんじゃないのかな。

柴田:私が小さい頃、宿題をさぼっていると、ウチのおばばは「明日ありと 思う心の仇桜、 夜半に嵐の吹かぬものかは!」と怒って、この世は儚いよと。面倒くさがって「明日やるわ」なんて言うと、必ずそうたしなめられたものです。

本木:で、やるんですか?

柴田:やらざるを得ない(笑い)。

室井:いまの、もういちど聞かせて。

柴田:え〜(照れながらも鯔背な口調で)、明日ありと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは!ってね。

本木:おぉ〜、すらすら出てくる!

柴田:言われていると覚えちゃうんだもん。いまでも何か面倒くさいなと思うとおばばの声が聞こえてきて、「いまやるかぁ」って(笑い)。

本木:自分が覚えてきた格言を次の世代へ継承する姿勢は先生のよう。

柴田:おばばは先生ではなく、ウチの実家は旅館だったんです。

室井:富山の人はみんな教育熱心なのよ。監督のお母さんはたしか……。

本木:はい、母は高校教師でした。

室井:では監督のお母さんの格言を。

本木:エッ!? ウチはどうだろう(笑い)。富山でもちょっと特異な母で、好きに生きろと言われていたものですから。

室井:へぇ、すごいな、お母さん。

本木:ぼくも7人の大家族で育ったんですが、家の中ではたいてい争いが起きていましたね。明治生まれのじいちゃんと、男女平等を訴える母との間で……。その母がよく言っていたのは「嫁に行くというのはひとり、戦場の中に女がいるようなものなんだ」って。で、“刺身のツマ”という言い方も嫌いだと。だから妻と呼ばれると「私は刺身のツマじゃない」と、いつも怒っていました。

室井:進歩的だったんですねぇ。

【プロフィール】

室井滋(むろい・しげる)/1981年に映画『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』などで映画賞を受賞。『ヤットコスットコ女旅』や絵本『会いたくて会いたくて』(1月末発売)ほか著書多数。

本木克英(もとき・かつひで)/1963年生まれ。1998年『てなもんや商社』で監督デビュー、藤本賞新人賞を受賞。『超高速!参勤交代』でブルーリボン賞作品賞、日本アカデミー賞優秀監督賞など、『空飛ぶタイヤ』で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。

柴田理恵(しばた・りえ)/劇団東京ヴォードビルショーを経て1984年にWAHAHA本舗設立。2016年6月には出身地である富山市特別副市長に就任。主な映画出演作に『化粧師 KEWAISHI』『その日のまえに』『ほしのふるまち』『来る』など。

構成/渡部美也 撮影/政川慎治

※女性セブン2021年1月21日号

#室井滋 #柴田理恵 #教育 #大正 #高騰

教育県・富山出身の室井滋と柴田理恵 “おばば”が説いた教訓