デヴィ夫人と杉村太蔵が『サンジャポ』生放送でバトル 大晦日パーティー問題で

新型コロナ感染拡大中での大規模パーティーで批判を浴びた #デヴィ夫人 が、10日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。パーティーの是非をめぐり、番組レギュラーの #杉村太蔵 と口論を繰り広げた。

■大晦日のパーティーを釈明

夫人は大晦日に90人もの参加者を集め、ホテルを貸し切ったカウントダウンパーティーを行なったとインスタグラムで報告。しかし、政府は新型コロナウイルスの感染対策として5人以上で会食を控えるよう呼びかけており、夫人には批判が集まっていた。

番組が直接これを問いただすと、夫人はコロナ禍やGo Toキャンペーンの中止で落ち込んだホテル・ショービジネス業界を助ける意図があったと説明。

「(コロナ禍で)みんなストレスを抱えてますよね? こういうパーティーでパワーや元気をもらって糧になる」「私たちのような人間がこうやってお金を使って(経済を)回さないと、本当にこの国は破綻しますよ」と、その真意を語っていった。

■杉村が夫人に苦言

#爆笑問題#太田光 も、夫人なりに良かれと思って開催したことに理解を示す。

夫人は「ホテル側も一生懸命やってくださって」と検温・消毒、ソーシャルディスタンス等を徹底していたと明かし、「東スポの書き方が、非常に悪意ある悪いもので…」「東スポの責任は大きい」とメディアを批判した。

しかし、ここで杉村が「ダンサーが大変、経済が破綻してしまうとのことですけど、かえってこういったパーティーによって感染拡大がいつまでも止まらないとは思いませんか?」と、夫人に苦言を呈し始める。

■夫人は怒ったように反論

すると、夫人は「お言葉ですけど!」と声を荒らげ、「私のパーティーは10日前です! 誰も感染してません!」と反論。杉村の指摘が頭に来たのか、「私、チャリティーも5回やってます! 誰も感染していません!」と絶叫するように続けていく。

これに杉村も、「誰も感染していない、じゃあ結果的にいいじゃないかって議論は、いま成り立たないんじゃないでしょうか?」とさらに反論。

しかし夫人も、「ちょっと待ちなさい! 私のパーティーに来た方は皆さん自意識が高い、緊張感も持っている、自覚しています。『感染しない・させない』というのが合言葉になっています!」と、引き続き語気を強めていった。

■意識の高さも強調

また、参加者の年齢層は高めだったようで、夫人は「感染してる方は若い方が多いわけですよ。ちょっと層が違うかなと思います。若い方たちも緊張感を持っていただきたい」「私達は非常に気をつけてます!」とも反論。

どんどんとヒートアップする中、太田が割って入るように「こうやって言い争いや分断しちゃうと、余計(収束が)遅れちゃう」とコロナ禍への思いを語り、この話題は転換した。

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

#パーティー #大晦日 #デヴィ夫人 #杉村太蔵 #サンジャポ

デヴィ夫人と杉村太蔵が『サンジャポ』生放送でバトル 大晦日パーティー問題で