夏野剛氏vs岩城滉一氏 自動運転車「乗る」か「乗らない」か

 自動運転の技術は革新的な進歩を遂げており、現在購入できる新車にも続々と機能が織り込まれている。クルマ好きの場合、これをどう捉えるかは難しい判断になることもある。

 株式会社ドワンゴCEOの夏野剛氏は「乗る」を選択する。

「オートパイロット機能を搭載したテスラのEV車『Model S』に乗っています。音もなく走りだし、ハンドルに触れなくてもレーンは外れず、車間も適切に保ってくれる。一度乗ってしまうと、手動運転のガソリン車には戻れなくなりますよ。

 そもそも自動車メーカーの謳う『走る喜び』って、日本の厳しい道路交通法の下では発揮しづらい。それなら最新のIT技術で制御された、21世紀にふさわしい車に乗った方がいいと思うんです。テスラは2021年にも完全自動運転を実現すると発表していますから、その日がいまから待ち遠しいです」

 対して、芸能界でも屈指のカーガイとして知られる #岩城滉一 氏は、乗るつもりがないという。

「自動運転って言われても、それバスやタクシーに乗るのと何が違うんだって話でしょう。自分で運転するからこそ車は楽しい移動手段なわけです。

 僕はベンツにBMW、ジャガーにポルシェ、レンジローバーにハマーと、これまでに100台近い車を所有してきたけど、全部自分でいじり倒して、その車の調子は手に取るようにわかったもんです。自分が乗るものなんだから、『車任せ』にしちゃダメですよ。

 最近じゃアクセルやブレーキも自動で制御される機能もあるらしいけど、俺に言わせれば、車はあんまり便利になりすぎないほうがいいと思うね」

※週刊ポスト2020年1月15・22日号

#夏野剛 #自動運転 #岩城滉一 #自動運転車 #株式会社

夏野剛氏vs岩城滉一氏 自動運転車「乗る」か「乗らない」か