島本理生「飲食店を経営する女性主人公に託した思いは」

2017年に始まった連載では、亡き母親のワインバーを引き継ぐことになった女性の姿を、オリンピックに向けて変わっていく東京の街の中に描いた島本理生さん。しかし、書籍化に向けて準備を始める頃からコロナ感染が広がり始め、オリンピックは延期に。思いもよらぬ事態となった今、改めて島本さんがこの作品に込めた思いとは

* * * * * * *

「2020年」とタイトルに入れたのは

『婦人公論』に連載した『2020年の恋人たち』は、32歳の葵という女性が、交通事故で亡くなった母親の営んでいたワインバーを引き継ぐお話です。

葵には港という同棲中の恋人がいるのですが、彼は部屋に引きこもって外に出ようとしません。

いっぽう、新しい世界へ踏み出した葵は、店の仕事を通じて魅力的な男性たちと知り合っていきます。求人の貼り紙を見て応募してきた松尾とは、仕事のパートナーに。葵は資産家の愛人だった母にわだかまりを持っていたものの、自らも既婚者の瀬名に惹かれてしまう。そして近所の店に勤める料理人も登場。恋仲になりそうでならなかったり、ちょっとしたことで進展したりと、葵の恋はさまざまな展開をみせます。

2017年に連載を始めた当初は、主人公が母親を亡くしたことで、その影響の大きさに気づき、自分が本当に好きなものや生き方を探す1年間を描くつもりでした。「2020年」とタイトルに入れたのは、オリンピックに向けて変わっていく東京の姿を小説の中にとどめたいという気持ちからです。葵が営むワインバーを、国立競技場に近い千駄ヶ谷に設定したのも、そのためでした。

でも、連載が完結して本にするために手を入れている頃、新型コロナウイルスの感染が広がり、オリンピックも延期になりましたし、どうしようか……と。20年に飲食店の話を書くうえで、コロナ禍に触れないわけにはいきません。春先から飲食店にとっては厳しい状況が続きましたが、それでも希望をこめたい、とラストを連載時から大きく変更しました。

葵の内面も変わっているんですよ。連載時は混乱したり迷ったりする姿が多かったのですが、改稿を重ねるうちに、「彼女はもう少し強いのかもしれない」と感じて。これまで私が書いてきた女性主人公が黙ってしまう場面でも、葵はハッキリものを言います。(笑)

この変化は、私が年齢を重ねたせいかもしれません。「恋愛してもしなくてもいい」という結論に辿り着いたのも、予想していなかったことです。主人公がたくさん恋をするはずが、いらないものをどんどん捨てていく話だったのかと、書いていくうちに気づきました。20代まではたくさん持てば充たされる気がしたけど、必要と思い込んでいたものを手放すほうが、ずっと自由で柔軟になる。30代の私は、そう考えるようになっていたんです。

もともとお酒を飲みに行くことも好きでしたから、葵の店の設定を考えるのは楽しかったですね。最初に「自然派の白ワインにこだわる店」と決めて、ワイナリーやワインバーを経営される方たちに取材をしました。自然派のワインって、造り手も扱う飲食店の方も愛情やこだわりが強くて、お話を聞けば聞くほど面白い。取材を口実に買ったボトルワインが、仕事場に何本もあります(笑)。仕事終わりにさっとおつまみを作って飲んだりしますが、この作品を執筆している間は酒量が増えてしまって。飲んだ量をアプリで管理して、飲みすぎないように気をつけています。

わが家には小学生の息子がいるので、コロナ禍で学校も学童保育も休みになった時期は、1日3食作るのが本当に大変で……。でも、家族3人でこんなに長く一緒に過ごすことはもうないだろうと思うと、貴重で嬉しい時間でもありました。さまざまな意味で、忘れられない一冊になったと思います。

#島本理生 #飲食店 #経営 #主人公 #連載

島本理生「飲食店を経営する女性主人公に託した思いは」