ジャニーズJr.・冨岡健翔、22歳のボーダーラインに「時代の変化」自身は活動続ける

舞台『未来記の番人』製作発表記者会見が22日に都内で行われ、 #戸塚祥太 ( #A.B.C-Z )、 #松田悟志 、冨岡健翔( #ジャニーズJr. )、安孫子正(松竹株式会社代表取締役副社長)が登場した。

同作は聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で主人公が様々な人と出会い成長していく姿を、史実を織り交ぜながらダイナミックに描いた話題作。役の心情をダンスで表現する“ダンスカンタービレ”を織り交ぜ上演する。千里眼の異能を持つ主人公千里丸を、戸塚翔太(A.B.C-Z)が演じ、惣田紗莉渚( #SKE48 )、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズ Jr.)、笠原章、勝野洋、渋谷天外(松竹新喜劇)が出演する。

16日に、ジャニーズJr.の「満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.として事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもって終了」という制度を2023年3月31日より適用すると発表していたジャニーズ事務所。渦中にいる28歳の冨岡だが、「これも時代の変化への対応なのかなと思って、否定的なことは全く思っておらず。僕も小さい頃から事務所にお世話になってて、悔しい経験だったり、それ以上に楽しい経験だったり、いろいろな人にお会いする経験がたくさんあったので感謝しかないです」と心境を吐露する。

さらに「もちろんこれからアイドルというものを目指して入ってくる子たちへの、一つの目安、一つの目標になってくのかな。きちんと目の前にあるボーダー、自分の未来を見据えるのはとてもとても大切な時代になってくると思うので、平たく言うとボーダーラインができたというのは、悲観することではないのかなと、僕自身は思っています」と率直に語った。

地震については、「今、僕はグループを組んでいなくて一人ですけど、この事務所でできる限り、お仕事をいただける限り続けられれば。あとはファンの皆さんが応援してくださって、まだまだ頑張ってと言ってくださる方がいる限りは舞台に立ち続けようと思っています」と決意を示した。

先輩の戸塚も「やはり目印となる、安心していただけるような存在ではいたいですし、そのためにも自分がやるべきことに取り組んでいけたらなと思っています」と真摯な様子。「ただすごく反面教師としても見てほしいです」と周囲を笑わせていた。

#ジャニーズJr #時代 #ダンス #舞台 #記者会見

ジャニーズJr.・冨岡健翔、22歳のボーダーラインに「時代の変化」自身は活動続ける