『天国と地獄』綾瀬はるか、殺人鬼と入れ替わり妖艶に 「色気やばい」と反響

女優の #綾瀬はるか が主演を務めるTBS系日曜劇場『天国と地獄 〜サイコな2人〜』(毎週日曜21:00〜)の第2話が24日に放送され、 #高橋一生 演じるサイコパスな殺人鬼と中身が入れ替わってしまった綾瀬はるかの演技に、「色気がすごい」という声が上がっている。

本作は、綾瀬演じる女性刑事と高橋演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるスイッチエンターテインメント。努力家で正義感が強く、上昇志向も強いが慌てん坊な刑事・望月彩子(綾瀬)と、表向きは人柄の良いやり手の経営者だがサイコパスな殺人鬼という裏の顔を持つ日高陽斗(高橋一生)。性別や職業、性格までも相反する2人の魂が逆転し、24時間365日、一瞬の判断ミスも許されないエキサイティングな展開が待ち受ける。

捜査一課の刑事・彩子と殺人事件の容疑者・日高は、階段から転げ落ちた拍子に魂が入れ替わってしまった…。日高〈彩子 ※〈 〉内は中身の人物名〉は、彩子〈日高〉から「出頭して一生を塀の中で過ごすか、それとも自分と協力して容疑を晴らすか」と二者択一を迫られ、仕方なく後者を選択。家宅捜索が入る前に日高のマンションから、連続殺人の証拠となり得る品々が入ったダンボール箱をこっそり持ち出し、家宅捜索を乗り切った。

日高〈彩子〉は、居候の陸( #柄本佑 )ならきっと本物の彩子ではないことに気づいてくれるはずだと期待するも、その頃、陸は彩子〈日高〉と仲良く食卓を囲んでいて……。さらに、彩子〈日高〉が陸を誘惑しベッドシーンも。また、第2話では、彩子〈日高〉が口紅を塗って女性であることを楽しんでいるシーンも描かれた。

SNS上では「綾瀬はるかの色気がヤバイ」「綾瀬はるかちゃん(イン高橋一生)は色気が増し増し」「中身一生さん(日高)の綾瀬はるかさんは色気が爆発してた」「入れ替わったあとの綾瀬はるか妖艶でたまらんなぁ」「入れ替わり後の妖艶さが素晴らしい!」といった声が続出している。

なお、先日行われた制作発表会見で、陸役の柄本は「彩子という猪突猛進な方から、クレバーな陽斗になると、かっこよくて、怪しさが増して妖艶な感じで、綾瀬さんの新たな一面を間近で見れているなと思います」と、殺人鬼と入れ替わった綾瀬の演技を称賛。また、「女になったのを楽しんでいるのか女っぽい仕草をするところがある」と明かしていた。

(C)TBS

#綾瀬はるか #殺人 #反響 #サイコパス #主演

『天国と地獄』綾瀬はるか、殺人鬼と入れ替わり妖艶に 「色気やばい」と反響