日テレ藤井アナ、コロナ禍に耐える「身近な若者への応援忘れないで」 呼び掛けがネットで反響

 日本テレビの藤井貴彦アナウンサー(49)が27日、メインキャスターを務める同局のニュース番組「news every.」(月〜金曜後3・50)に生出演。緊急事態宣言下で我慢を強いられている若者に対する応援を呼び掛けた。

 番組ではコロナ禍で苦しむ学生たちをサポートする飲食店や不動産を紹介。藤井アナは「私の周りでもリモート授業であれば東京にいる必要がないからと実家に戻り、学校を辞めた学生さんがいました。また、実家でリモート授業を受けていて、誰も住んでいない家賃を払い続けている学生さんもいるそうです」とコメント。

 「一方、学生の間でもコロナウイルスへの価値観の違いはあるようですが、そんなことで友達であることをやめたりしないとも話す学生もいて、本当の意味でコロナウイルスと戦っています」と続けた。

 「たしかに、若者の感染者数は多いままですが、一概に若者に背負わせないようにしなければなりません。

誰よりも彼らが感染者数の減少を願っているはずですし、いつか大活躍してやると考える若者もたくさんいるはずです。身近な若者への応援も忘れないでいてください」と呼び掛けた。

 誠実な人柄が伝わってくる藤井アナの言葉にネット上には感動する声が続出。「グッときました。言葉が温かいです」「思わず泣いてしまった。若者だってコロナ収束を願っている」「藤井アナありがとう。若者とひとくくりにされて辛くて…」「ありがとう。うちの娘に藤井さんのエール伝えます」「ホント良いこと言った。若者だって耐えているんだ!大人が支えないとな」などの反応があった。

#コロナ禍 #若者 #日テレ #けが #反響

日テレ藤井アナ、コロナ禍に耐える「身近な若者への応援忘れないで」 呼び掛けがネットで反響