R—1グランプリ準決勝進出者30人が決定 コロナ感染乗り越えたラニーノーズ山田健人「ネタを磨いて」

 大阪会場での準々決勝では40人がしのぎを削り、7人が準決勝へ。中でも「歌ネタ王決定戦2019」の王者となったラニーノーズの山田健人(32)は、得意のギターを操り会場の大爆笑をさらった。

 普段は相方の洲崎貴郁(32)とやるコンビネタを1人バージョンに作り替えての登場。「リハーサルが少なくて、音が小さかった」と反省しきり。だが「ギターを持つ人は歌を歌うことが多いけど、1人コントで差別化を図った」と自信をのぞかせた。

 昨年8月にコンビで新型コロナウイルスに感染。一時は味覚、嗅覚が戻らず、後遺症に悩まされたが「もう何ともありません」と山田。「準決勝もいつも通りにやります。もう少しネタを磨いて」と2つめのビッグタイトルを狙いに行く。

 今年から芸歴10年以内と出場規約が変更となり、大会名も「R—1グランプリ」とカタカタ表記に変更するなどリニューアルされた。準決勝は14日に東京・有楽町朝日ホールで。決勝は3月に開催の予定。

#グランプリ #感染 #大阪 #芸人 #日本一

R—1グランプリ準決勝進出者30人が決定 コロナ感染乗り越えたラニーノーズ山田健人「ネタを磨いて」