《大河ドラマ『青天を衝け』スタート》吉沢亮だけじゃない! 西田敏行、角野卓造から勝新太郎まで…渋沢栄一を演じた役者たち

 大河ドラマの新作『青天を衝け』がきょうからスタートする。前作『麒麟がくる』が撮影の中断から放送が年をまたいだため、大河では異例の2月開始となった。本作の主人公は幕末から昭和を生きた実業家・渋沢栄一で、 #吉沢亮 が演じる。今月1日に27歳になったばかりの吉沢は、大河の主演経験者では初の平成生まれだ。

『青天を衝け』で渋沢栄一を演じる吉沢亮 ©時事通信社

 放送の始まる前週には、新たなキャストとして #ディーン・フジオカ が明治期の実業家・五代友厚を演じると発表された。ディーンは同役をほぼ5年前の2015〜16年にも、『青天を衝け』と同じ大森美香脚本によるNHKの朝ドラ『あさが来た』で演じている。劇中、ヒロイン・白岡あさ( #波瑠 )のビジネス上の盟友として描かれた五代は主に女性視聴者をとりこにし、ディーンは一躍ブレイクを果たした。

『あさが来た』で渋沢を演じたのは #三宅裕司

『あさが来た』には渋沢栄一もドラマ後半の第17週に登場している。演じたのは三宅裕司だ。亡くなった五代の意志を継ぐべく、あさが大阪で銀行を設立するにあたり、教えを請うたのが「銀行の神様」といわれていた渋沢だった。

 あさと面会した渋沢は、飄々とした雰囲気ながら、「銀行を経営する者が一番欲しくて、一番大切なものは何か」と、鋭い質問を投げかける(答えは「信用」)。このとき「第1問」といったテロップが入るなど、クイズ番組風の演出がユニークだった。渋沢はまた、人づくりの大切さをあさに説き、彼女が後年、女子大学を創設する発端をつくることにもなった。

 渋沢と五代は明治時代、それぞれ東西を代表する財界リーダーとして並び称された。官僚から民間に転じて、多くの事業を興したことなど共通点も少なくない。『青天を衝け』で両者がどんなふうに関係するのかは、見どころのひとつだ。ひょっとすると、ドラマが進展するなかで、いずれ白岡あさのモデルとなった広岡浅子(現在の大同生命や日本女子大学の創設者)も出てくるのだろうか。

 これまでにも渋沢栄一はたびたび映像作品に登場し、さまざまな俳優によって演じられてきた。ここでちょっと振り返ってみたい。

多くの実力派が演じた渋沢栄一という役柄

 渋沢が主人公で、その青年時代を中心に描き、『青天を衝け』と登場人物も重なるのが、TBSで1978年9月に放送された単発ドラマ『雲を翔びこせ』である(現在、Paraviで配信中)。主演の #西田敏行 (当時30歳)はちょうどこの年、ドラマ『西遊記』で猪八戒を演じて人気を集めた。風貌といい体型といい、西田は写真に残る渋沢となかなか似ている。

『雲を翔びこせ』は東宝出身の広沢栄による脚本で、演出を先日亡くなったTBSの名ディレクター・鴨下信一が手がけた。物語は、渋沢とそのいとこの渋沢喜作を軸に展開する。幕末に青年時代をすごした2人はともに尊皇攘夷運動に参加するが、やがて一橋家の家臣・平岡円四郎(田村高廣)に取り立てられ、徳川慶喜(片岡孝夫=現・仁左衛門)に仕えるようになったあたりから溝が生じ始める。

いとこの喜作役を演じたのは武田鉄矢

 渋沢は将軍となった慶喜の命を受け、1867年のパリ万国博覧会に出展する幕府使節団の一員として渡欧、各地を視察してまわった。明治維新のあと帰国すると、新政府に仕官する。順調に出世する渋沢とは反対に、喜作には過酷な運命が待っていた。終盤、渋沢と再会を果たす喜作の姿には驚かされる。

 この喜作を武田鉄矢(当時29歳)が演じた。時期をほぼ同じくして名前が売れ出し、プライベートでも親しいという武田と西田がぶつかり合う様子は見ものである。『雲を翔びこせ』ではこのほか、やはり渋沢のいとこで一緒に攘夷運動に身を投じる尾高長七郎を、異色の配役でミュージシャンのChar(当時23歳)が熱演した。なお、『青天を衝け』では喜作を高良健吾、長七郎を満島真之介が演じる。吉沢亮と西田もそうだが、高良と武田もまったくイメージが違うのが面白い。

訪欧中の渋沢役を演じたのは…角野卓造

『雲を翔びこせ』では、パリでの渋沢の動向は描かれず、すぐに帰国した場面に移る。これに対し、訪欧中の彼が描かれたのが1980年の大河ドラマ『獅子の時代』だ。演じたのは角野卓造(当時31歳)である。

 角野演じる渋沢は、同じく幕府使節団の一員だった本作の主人公の1人・会津藩士の平沼銑次(菅原文太)と交流を持つ。パリに来て1年が経った頃、渋沢が銑次の調達してきた魚を刺身で振る舞われ、日本を懐かしむ姿が印象に残る。

『獅子の時代』は原作なしのオリジナル脚本(作・山田太一)、明治時代を本格的に舞台とするなど大河ドラマでは初めてづくしであった。銑次と薩摩藩士の苅谷嘉顕(加藤剛)と、主人公が架空の人物というのも異色だ。

気になる『青天を衝け』での訪欧シーン

 第1回のオープニングからして型破りで、現代のパリのリヨン駅に、髷姿の幕府使節団が現れるという斬新な演出だった。そのあとにも現地でロケした場面がふんだんに出てくる。ひるがえって、コロナウイルスの感染拡大がなおも世界中で続く現状では、海外ロケは難しい。渋沢のその後の活動に大きな影響をおよぼした渡欧のシーンは、果たして『青天を衝け』ではどのような形で撮影されるのだろうか。

 ここまであげた作品に登場したのは若い時期の渋沢だったが、1988年1月公開の映画『帝都物語』(実相寺昭雄監督)では、老年期の渋沢を勝新太郎(当時56歳)が演じている。同作の渋沢は、明治末期よりひそかに東京改造計画を進めていたという設定で、一種の黒幕的存在として登場する。ただ、実際の渋沢とは違い、ひげをたくわえた姿は、勝新以外の何者でもない存在感を示していた。

 劇中では、物語で重要な役割を担う物理学者の寺田寅彦(寺泉憲)が、工学者で理化学研究所(理研)所長の大河内正敏(寺田農)と親しくしているさまが描かれていた。事実、寺田は大河内と親交があり、1923年の関東大震災(『帝都物語』でもモチーフとして出てくるが)の翌年には、理研の主任研究員に就任している。渋沢はこの理研の設立にも尽力した。

 そもそも渋沢に理研の設立を訴えたのは、消化酵素剤のタカジアスターゼの開発で知られる化学者の高峰譲吉である。高峰の生涯を描いた映画『さくら、さくら サムライ化学者 高峰譲吉の生涯』『TAKAMINE アメリカに桜を咲かせた男』(市川徹監督、2010〜11年、主演はそれぞれ加藤雅也、長谷川初範)では、松方弘樹が渋沢を演じた。

『青天を衝け』出演の平泉成も渋沢役の経験者

 これと前後して公開された映画『筆子・その愛 天使のピアノ』(山田火砂子監督、2007年)は、日本初の知的障害児施設「滝乃川学園」の創設者・石井亮一(市川笑也)の妻で、ともに障害児の教育に生涯を捧げた石井筆子(常盤貴子)を主人公にした作品だが、ここにも同学園の理事長として渋沢が登場する。演じたのは、『青天を衝け』では渋沢の伯父・宗助に扮する平泉成だ。

 こうして渋沢が登場する映像作品を見ていくと、彼の業績は財界にとどまらず、学術や教育、社会活動などじつに広範におよぶことがわかる。『雲を翔びこせ』では、渋沢が民間に下ってからの活躍は、終わりがけにナレーションや字幕で手短にまとめられていただけだったが、『青天を衝け』ではどれだけ描かれるのだろうか。

 最後に、NHKではこれ以前にも渋沢を主人公にしたドラマとして、城山三郎原作・滝田栄主演の『雄気堂々 若き日の渋沢栄一』が1982年の正月に放送されている。同作はNHKアーカイブスの番組公開ライブラリーでも視聴が可能というので、筆者は地元のNHKに観に行くつもりでいたのだが、あいにく緊急事態宣言のためライブラリーが休止中でかなわなかった。NHKにはぜひこの機会に再放送か、NHKオンデマンドでの配信をお願いしたい。

(近藤 正高)

#青天を衝け #吉沢亮 #渋沢栄一 #大河ドラマ #西田敏行

《大河ドラマ『青天を衝け』スタート》吉沢亮だけじゃない! 西田敏行、角野卓造から勝新太郎まで…渋沢栄一を演じた役者たち