乃木坂46・堀未央奈、“最後のバスラ”に涙「残りの時間、いろんな思い出を作れるように」<9th YEAR BIRTHDAY LIVE>

#乃木坂46 が23日、デビュー9周年を記念した無観客配信ライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」を開催した。アンコールでは、昨年11月にグループからの卒業を発表していた2期生の #堀未央奈 がフィーチャーされ、彼女が過去にセンターを務めた「そんなバカな…」なども披露。あいさつをした堀は、涙ながらに「やっぱり一番はメンバーと離れるのが寂しいので、残りの時間、いろんな思い出を作れるように楽しみたいと思います」と語った。 開演を告げる「OVERTURE」に続き、この日のオープニングを飾ったのは2012年2月22日に発売された1stシングル「ぐるぐるカーテン」。MCでは、メンバーそれぞれが当日を心待ちにしていた心境を語り、2017年から2018年にけて日本レコード大賞の連覇を果たした「インフルエンサー」「シンクロニシティ」や、「何度目の青空か?」「帰り道は遠回りしたくなる」「君の名は希望」を披露した。

 1期生と2期生によるMCが終わり、各期ごとをフィーチャーしたブロックへ。4期生は、遠藤さくらがセンターを務めたシングルの表題曲「夜明けまで強がらなくてもいい」や、彼女たちの楽曲「キスの手裏剣」「Out of the blue」を披露。3期生も大園桃子と #与田祐希 がダブルセンターを務めたシングルの表題曲「逃げ水」に続き、「トキトキメキメキ」「毎日がBrand new day」を歌い上げた。

 2期生は、堀がセンターを務めたシングルの表題曲「バレッタ」や、「アナスターシャ」「ライブ神」を披露。1期生は、卒業生たちのライブ映像をバックに舞ったシングル曲「制服のマネキン」や「サヨナラの意味」、狼の姿をしたバックダンサーと共に「狼に口笛を」をパフォーマンスした。

 3期生と4期生のMCに続くコロナ禍に揺れた2020年から現在までをたどるブロックでは、バラエティー豊かな楽曲が披露された。

 大園がセンターを務めたシングル曲「しあわせの保護色」や「ゆっくりと咲く花」。緊急事態宣言下でOGを含むメンバー各自が自宅でMVの収録に臨んだ「世界中の隣人よ」、昨年のNHK紅白歌合戦で披露した #小室哲哉 作曲の「Route 246」や「明日がある理由」、ドラマや映画になった『映像研には手を出すな!』に出演の1期生・ #齋藤飛鳥 、3期生の山下美月と梅澤美波による「ファンタスティック3色パン」を披露。

 4期生の楽曲「I see…」や、アンダーメンバーによる「口ほどにもないKISS」「自惚れビーチ」「日常」、「Wilderness world」と続いた。

 有観客ライブが行えなくなるなど、さまざまな変化のあった1年間を振り返ったメンバーたちは、再びパフォーマンスへと戻り終盤戦へ。「いつかできるから今日できる」「おいでシャンプー」「Sing Out!」、そして、山下がセンターを務める最新シングルの表題曲「僕は僕を好きになる」を披露し、本編が終了した。 メンバーそれぞれのファンに向けた直筆のメッセージが画面上を流れてから数分、アンコールは、堀がセンターを務めた「バレッタ」の収録曲「そんなバカな…」からスタート。冒頭では、同期のメンバーたちが堀の元へ寄り添い、曲中では、3期生や4期生の後輩たち、先輩の1期生もそばへ駆け寄り、最後は、堀のキュートな“変顔”も披露。

 「ダンケシェーン」を歌い上げたのち、1期生でキャプテンの秋元真夏に感想を聞かれた堀は「最後の実感はなくて、まだフワフワした感じ」と吐露。「全員でライブっていうのが今日で最後だったので。お母さんから朝にメールが来ていたんですけど、すごい長文で。今までのことと、あと『ライブ頑張ってね』というのを送ってくれたんですけど、すごいうれしくて。頑張ろうと思ったら『髪の毛を巻かないでね』と来ていたんですよ。でも、髪の毛を巻いちゃったから…お母さん、ごめんなさい」と笑顔を見せた。

 しかし、自身の卒業に思いを巡らせると「本当に今までたくさんの方が応援してくださって、私が存在していたので、うん…。そうですね、あと本当にちょっとしか乃木坂にいないけど」と言葉を重ねるにつれて涙ぐんだ堀。目をうるませながら「悲しくなっちゃった。やっぱり一番はメンバーと離れるのが、寂しいので…残りの時間、いろんな思い出を作れるように楽しみたいなと思いますし、直接会いたかったんですけど、会えなかったファンの皆さんにも、本当に感謝の気持ちを伝えたいです」と語った。

 そして、この日は当初「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」の一環として行われることが発表されていた1期生と2期生それぞれの単独ライブをサプライズ発表。2期生ライブが3月28日、1期生ライブが3月29日に開催される。3月28日の「9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜2期生ライブ〜」が、堀のラストステージに。堀は「2期生の結成日というか合格した日として、思い入れのある日だし、私自身も最後の活動になるので2期生全員で力を合わせて楽しみたいなと思います」と語った。

 記念すべき一夜の最後を飾った「乃木坂の詩」では、メンバーそれぞれがグループカラーである紫色のサイリウムを手にしてパフォーマンス。1期生から4期生まで総勢44名のメンバーは、全36曲を披露してステージを跡にした。

 乃木坂46「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」セットリストは以下の通り。

M1:ぐるぐるカーテン
M2:インフルエンサー
M3:シンクロニシティ
M4:何度目の青空か?
M5:帰り道は遠回りしたくなる
M6:君の名は希望
M7:夜明けまで強がらなくてもいい
M8:キスの手裏剣
M9:Out of the blue
M10:逃げ水
M11:トキトキメキメキ
M12:毎日がBrand new day
M13:バレッタ
M14:アナスターシャ
M15:ライブ神
M16:制服のマネキン
M17:サヨナラの意味
M18:狼に口笛を
M19:しあわせの保護色
M20:ゆっくりと咲く花
M21:世界中の隣人よ
M22:Route 246
M23:明日がある理由
M24:ファンタスティック3色パン
M25:I see…
M26:口ほどにもないKISS
M27:自惚れビーチ
M28:日常
M29:Wilderness world
M30:いつかできるから今日できる
M31:おいでシャンプー
M32:Sing Out!
M33:僕は僕を好きになる

EN1:そんなバカな…
EN2:ダンケシェーン
EN3:乃木坂の詩

#乃木坂46 #堀未央奈 #デビュー #無観客 #アンコール

乃木坂46・堀未央奈、“最後のバスラ”に涙「残りの時間、いろんな思い出を作れるように」<9th YEAR BIRTHDAY LIVE>